« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

大寒のボカシ作り

有機肥料 ボカシ作りにはこの寒さの中で作ると雑菌が少なくいいものが出来るそうである

3月に始まる米作り・・・ボカシをまいて田んぼの耕運・・・の為に今作る 我が家のお米はこのボカシとコッコの鶏糞と牛糞堆肥のみである

雨の日の湿気のあるときがちょうどいい!一ヶ月も降らなかったカラカラ天気・・・・植物にはいいお湿りである

Dsc_0002 年4回のボカシ作り チッソの油粕を標準より少なくしてるのでバラにやってもウドンコがきにくいようで・・・

ヌカが150k 油粕40k カニガラ(キチンキトサンあり)10kコップン15k 貝化石7k

クンタン15kモミガラ15k 山の腐葉土(ハンペン・・・)10k 馬糞10袋(100k)発酵を早める為ボカシも10k入れて EM菌(有用微生物)と糖蜜(サトウキビの搾りかす)を加えて

400kを撹拌します

Dsc_0007 「現代農業」に出ていたのをヒントに撹拌をコマメですると楽にできるようになりました

ホント頭は使うものです 

Dsc_0009 20袋出来上がり 馬糞を入れないコッコちゃん用ぼかしもつくり・・・餌さなのです 5時半までかかる 袋の口はしっかり閉めて・・・嫌気発酵 このまま積んでおくと約1ヶ月で出来上がり・・・いいエステルのにおいがしてきます 一応6ヶ月を目安に使い切り

途中袋を開けてもいつもキチンと閉めることをしなくてはいけない 空気がいつも入るとウジがわきます

バラの寒肥・・・・今横の TVでしてるけど 穴掘って牛糞と油粕と・・・たくさんのバラの周りを掘れない!!

このボカシなら有用微生物が土作りをして耕してくれるからと・・・・掘らない 上におくだけ

でもその上に草木灰や腐葉土やワラやモミガラなど有機物をかけてやる 湿り気がイル

マルチがすべてにいいと思う 掘るよりは置く方がしんどくない 省エネでいく!

大寒の頃の我が家の花暦

Hotokeza42 今期最高の冷え込みは大寒の直前17日にやってきた  スイセン畑の霜の花・・・ひときわホトケノザが美しく!

Dsc_0031 我が家の駐車場がわりにしている休耕畑・・・・ずっとまえ業者の方が家の庭土をほかさせて下さい・・・がれきが無ければいいですよ!

いつのまにかスイセンが芽を出して・・・いろんな種類の・・・スイセン畑になりました

ひこさんが たくさん咲いてると教えてくれたので行って見ました

今期は暮れの12月14日 まずニホンズイセンが咲いていた Dsc_0021 そして今 この寒さで葉はよれて倒れこみ・・・・お正月の花いけに間に合わない年もあったが今年は早かった開花  今は洋種の小さい八重が咲いている 春になるとラッパズイセンが賑やかに咲き出してくれる

Dsc_0053 そしてツバキの花暦  今期は早かった 西王母からはじまり初嵐 白玉 白あけぼの

このヤブツバキも暮れ14日には開花してた・・・・お正月には固い蕾の年もあるのだが!

Dsc_0016 でも1月5日のこの大雪でのヤブツバキの姿・・・・いつも思うのだが・・・せっかく咲いた椿たち 寒さで花が痛んでしまう 白玉椿も今期は早い開花が茶色になってしまった

咲く時期が毎年変化があるのは植物たちが気温を察知して考えているんだろうに・・・

そのためにたくさんの蕾をもって順次咲いて最後はいくつか種を付けれるようにか!

Dsc_0047 今期11月27日の西王母や

Dsc_0048 白のアケボノ・・・・でもまだ次々と咲いている

Dsc_0045 ワビスケ類も種類で花期が違う  これは11月27日の一子ワビスケ シロワビスケも早い

Dsc_0049 しかし このスキヤワビスケ(数奇屋侘助)はいつも遅く春の陽ざしの中で咲いてたと思うがもう咲きでして 1月17日の写真・・・・今寒さに痛んでいる

そして 大寒の今 ロウバイが咲いてきた

Dsc_0005 Dsc_0013 冬咲クレマチス アンスンエンシスも22日の姿

Dsc_0017 クリスマスローズもこの可愛いのが咲き出しました・・・・・大寒に・・・春を感じて!!

2012年1月 1日 (日)

2012年 元旦

Dsc_0037 大変な・・・・一年・・・が過ぎて新しき年になりました 良きとしになるように努力します!

Dsc_0033 ことのほか たくさんの実をつけたナンテンにあやかって 実り多い年にしたいものです

10012suki_164             2日は恒例のスキー・・・・総勢11人2台の車で・・・最近は雪不足の心配は無し 昨夜の強風はこちらでは吹雪 たくさんの新雪を降らしていました

10012suki_142                                飯山茶屋

飯山までは太平洋側の青空 そこからは鉛色の日本海気候 着きました比婆山県民の森スキー場

10012suki_166                    自然の奏でる美しき雪景色

10012suki_158

10012suki_160 お昼から少しお日様が出ましたが・・・毛無山も隠れてしまった 去年からボーダーも解禁で

上のこのゲレンデも雪ぼこであれている でもいい雪質で自然を眺めながら滑るのは愉しい

多くの車が来ていても ここの広いゲレンデに散るとまばらで子供たちに衝突の危険は少ない

Papatosuki144 吹雪いていてもなんのその パパを先頭に降りてきます 横から抜きそうなスピードを出すのです

10012suki_147 孫 4人4様 みんなで競うと面白いようで それを横目でみながら 70過ぎたひこさんも

そうだ彼は今年 とし男だ!・・・も少し若い

あっこさんも遅れながら・・・なにせ一気に休まないで降りてしまうのですから!!

股関節周りの筋力 鍛えられるみたいで 私のボロ足 楽になるのです

でも・・・スキー靴はくのにひどく時間がかかりました今年 劣化して固くなったのか私の左足の関節が固くなって動かないのか・・・両方でしょう

動かすことに意義ありです

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »