« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

バラの花暦

Gazebo196 28日 OG2日目が無事終わりました 暑すぎる日中・・・26度とか でもこちらの緑の中では23度 いつも福山より3度は低いのです

最後のお客様には 畑に下りて イチゴ狩りを愉しんでもらいました 邪魔をしながら玉をトル ジャンと共に・・・! 猫好きな方でよかった

かごに山盛り取れて・・・・とってもおいしいと・・・晴天続きで豊作なのです

50%砂糖でたくさんのジャムも日ごとに作ってますが その方は砂糖なしでりんご酢を少し加えて・・・それだけで作るそう

初めての話 作ってみましょう 私は家の柚子の絞り汁の保存をいつもレモンの代わりに使ってる

しかし 保存はだめで・・・1週間で使い切るそう そうなんだ 砂糖の量は保存期間に比例する!私は りんごのジャムは30%・・・それは早く食べてしまうから

しかしイチゴは食べ残しを2,3日集めておいてそのつど・・・たくさんできる 保存をしなくては!煮沸消毒もするので長く食せる 強火で10分でいつも出来る

ガゼボの屋根のポールズやニュードーン それにサマースノーが愉しく景色を作ってくれだしました

これからがいいのです・・・いつもどおり・・・不思議ですね~

夜温が低いので早いバラも長持ちしてる でも一雨欲しい!

Ati251 ここの大アーチのピンクゾーンもにぎやかに・・・安曇野もチラホラ咲いてきました

アグロステンマもまだとっても元気なのです・・・そこがいつもとちがいます

Gunsei275 群星の白い景色もできました 長く続きますように!

Yaguruma281 ヤグルマギクも咲き進まなくて・・・・夜温の低いせい? 寒気が日本上空にいて・・・・

Kurema300 でも昼間は28度の夏の暑さ ゆえにバラの後に咲いてくるクレマチスの種類も咲いてきて

ジャックマニーのビオラです

Dsc_0073 インテグリフォリア・ユーリーやシロマンエ

Dsc_0319 これが アフロデーテ・エレガフミナです

Dsc_0302 ルイジアナ・アイリスもこの世の春を謳歌して!

Dsc_0303 同じ品種のこの色もすきなのです

Aguro297 アグロステンマもこの時期はいつもなら咲き終りが多いのに今元気です

Furonto72 フロントガーデンではカーデナル・ド・リシュリュー マダム・アルディが咲いています

Dsc_0091 このアーチには今ジプシー・ボーイがあざやかに♪

2012年5月21日 (月)

バラの景色の花暦

Baikautugi84 終日シャツ1枚で庭仕事の気温で バラの開花が始まりだした バラの景色がとってもよく映えるバイカウツギ あのシシングハーストのホワイトガーデンの ロサ・ムリガリーのようDsc_0011 イングリッシュローズの第一号オースティン氏が薬をかけないで育てて強いバラの確信を持って世に出したバラ

このバラの傍に物理的に行けない・・・ゆえに水も虫も手で取れない・・・しかしとっても美しく咲いている   その名前は コンスタンス・スプライ

このバラは私にストレスを与えない 無農薬でもこんなにきれい・・・・も少ししたら よいしょっと上がって花を切って飾ろう♪

Dsc_0095 今年はなんだか北国のようにみ~んな一緒にどっと咲いてくる感じ!そしてじっとしてる

ジャーマンアイリスもモッコウもナニワイバラもトキンバラもまだ何番花かが咲いている

なのに・・・なぜか遅咲きのアンゼラやポールズ・ヒマラヤンムスクも咲いてきている

群星も・・・バレリーナも いつもとちがう咲き始める時期Dsc_0027 21日のモッコウバラの小径

Jigitaris22 そしてジギタリスも次々とひらきだして・・・・!

Dsc_0060 フロントガーデンではバナナの木 花が開きだしてとってもバナナの香りがただよう中で・・・この色は いつか まきもさんたちと行った須波のラベンダーガーデンで出会った

パープル色のバナナの木すぐ取り寄せて・・・となりやしきで 今年はたくさん花をつけていい香り でも香りはフロントの普通の色の方が・・・強い感じ!

Dsc_0053

そして今 のばら がとってもいい感じに咲いてくれてうれしい!

のばらの よさが わかりだした私なのです

2012年5月19日 (土)

バラのお庭訪問

Dsc_0014 今年のバラは遅いかと思うとそうでもなくて・・・・例年通りに追いついてきたようです

チャオも今 のばらがいろんな種類 緑の森をかなでていました!!

Dsc_0023

Dsc_0024 チャオに車ではいる時 すぐ目に飛び込んできた・・・・なになに あのバラは!

しまった 名前をメモしてない マニトン・・なんとか おしえてね!

いえ ラベルを写真にとっていました マニントン・マウブ・ランブラーでした

ロザさんとこに行く途中寄りました 三原の道の駅

Dsc_0032 神明の里

Dsc_0031 海も見えるロケーション・・・・この下のげしにバラを植えたい彼女 ホントおひさまいっぱい

味気ない土がみえるより のばらでも 絵にナル 移動する途中たくさんの白いノバラの花がいたるところ 道路際に咲いていて ポールスミザーさんが日本のノバラの美しさに感動されたのがわかる

着きましたロザさん庭

Dsc_0033 咲き始めの薔薇の庭がいいと思いません? なんだか紅葉も入ってる!

Dsc_0043 うつくしき誘引 薔薇の下で・・・! 

Dsc_0050 1株にこんなにたくさんの蕾・・・・咲かせる名人 そして低さの剪定・・・25cmぐらいの高さでバシッと切ってる株多く 秘訣は 液肥?アルゴフラッシュ?

そしてここでも 素敵な薔薇を見つけました

Rozasan_51 名前は アンダーザローズ !!

Dsc_0046 シックな色です ウイリアム・ロヴ にも似て でも四季咲き

アンダー ザ ローズ・・・まあなんという名でしょう この前読んだ本に出ていたのです

鵜飼寿子さんがレポートしていた記事 アンダー ザ ローズですねと・・・

薔薇の下で・・・秘密と言うことわざ

“もともとギリシャ神話では美の神アフロディーテと共にバラが生まれ、アフロディーテの密会現場を目撃した息子のエロスの口を封じてもらうために沈黙の神ハルポクラテスに頼み、そのお礼にバラを贈ったということから、バラは秘密を暗示する物とされたそうです。
そのことからローマ時代には天井からバラを吊るしたり、天井にバラの画を描いたその下での会話は他人にはしゃべらないという風習ができ、ラテン語で「sub rosa(バラの下)」=秘密という言葉ができました。その英訳「under the rose」も秘密という意味になりました。”

オールドローズとのかけあわせらしいのですが 作出者は秘密にしています

アフロディーテ エレガフミナという素敵なクレマチスを育てているが 名前が覚えにくかった 女神の名前だったのか

バラ1輪の写真を撮ってなくて 残念!

愉しい1日をありがとう

モッコウバラの花暦

キモッコウに遅れてシロモッコウも5月15日満開になりました

Kimokkou90 トキンイバラもナニワイバラも このモッコウバラも薬剤はなんにもいらない

しかし 強いといわれる イングリッシュローズやオールド・ローズ でもこの過酷な自然には土作りをよくしていても・・・きれいに咲いてくれないものも多く ストレスになってきて せめて殺虫剤だけでもしてやりたい誘惑に駆られていた私 殺菌剤は微生物を死滅させてしまうのでする気はないのだが

無農薬で通してる花友にいうと・・・あなたは何の為に無農薬に・・・としてたの?

私は食べる為にバラも無農薬よ・・・といった彼女

そこで ハタト考えた・・・肝臓を傷めた私 毒を分解する臓器・・・それで無農薬にしだしたのだ 完治した今でも 悪い空気の空間では喉がヒンヒンするし皮膚が敏感に感じる

ピュアな身体  タバコをすってるとコでは息も出来ない私 そうだった 一番花はきれいでなくてもいい・・・・虫たちにやられても残った花を愉しもう 花いっぱいでなくっても!!

ゆえに 薬剤散布はしない  でも馬糞堆肥のマルチのおかげで葉っぱの色艶がいいのです

Mokkou95 ブランコの前のモッコウバラの小径

Gibousi141 モッコウバラの咲いてる頃はみどりの美しい景色です みどりの風とおいしい空気はなににもまさる幸せの空間です

Dsc_0149 このときに 早咲きのスパニッシュ・ビューティが咲いています

2012年5月15日 (火)

11日のお庭訪問の記

Dsc_0006

toyままのお庭に伺って・・・・この時期の薔薇の景色を!

北側の・・・もうアイスバーグが開きだしていました

Dsc_0007

アシュ・ウェンズディ

類稀なるグレーのツルバラが・・・

Dsc_0011 東側はもう見頃でしたよ

Dsc_0013 花友からきたトキンイバラ 我が家をへてここに素敵に咲いていました

Dsc_0014

クレマチス

ジョセフィーヌも・・・・

Dsc_0008 この ミセス・ハーバート・スティーブンスの咲き方がすきなのだそう!

Dsc_0015 窓の下に

ロサ・キネンシス・アルバが白く入っています

Dsc_0016 パーゴラの今の景色  まだまだこれから 彼女の薔薇の景色は展開します

そして 次は笠岡のFさん庭

Dsc_0021 たしかクロガネモチノキ?にからまって共生してるモッコウバラが出迎えてくれました

Dsc_0022 ここには このニコチアナやいろんな宿根草が入っています

Dsc_0023 なんだったかな~!

Dsc_0026 2年目のパーゴラにもうたくさんからまって・・・ブレイリーNO2が少し咲いていた

Dsc_0029 そして今の景色は・・・デルフィニューム

Dsc_0033 ブルーだけでも20株入れ込んだそう! この辺りでは一年草だから 手をかけて!!

Dsc_0031 そこここに たくさんのハンキングが・・・彼女の庭のアクセント 景色になっていました

愉しい1日をみなさんありがとう♪

花暦 トキンイバラ

Dsc_0082 5月11日トキンイバラが満開になりました

Tokinbara28  

トキンバラはバラ科キイチゴ属  トキンバラはボタンノイバラともルブス コマーソニーとも言われている トキンイバラとも!

となりやしきガーデンで所を得て 自分に過ごしやすいところに移動しながら地下茎を伸ばして増殖中 まったく無農薬でOK

Tokin84 何も肥料しないで腐葉土たっぷりの土で・・・・背も高くなるのです

Tokin89 椿の木にからませて!

Tokin86_2

レースフラワー・オルラヤとよくあいます

Dsc_0142 オープンガーデンの前にしないといけないこと・・・

稲に追肥を・・・

みんな有機肥料

冬に仕込んだ馬糞堆肥がとっても素敵に!

それも入れて馬糞ボカシとコッコの鶏糞とクンタン 腐葉土をかくはんして EM菌を流し込んで撒いてやります

すると不思議 広がってた邪魔な緑の藻がす~っと消えていきました いい微生物の効果でしょうか♪

Tokin137しんどい作業が済んでお昼からガゼボでひとやすみ・・・するとガゼボからトキンイバラが

癒しの空間を! 2本の木のアーチの下に午前中に済ました大町の田んぼの水面が見えているのです

達成感とともに・・・庭でくつろぐ 母の日のプレゼントに入ってた紅茶葉入りオレンジ・ブランデーケーキと♪ おいしかった~

Dsc_0145_2 このアーチにスパニッシュビューティーが咲き出して!

 5月14日記

2012年5月 9日 (水)

立夏を過ぎた頃の花暦

Dsc_0049 連休中 裏山や池のフジが咲き始めました 山が笑う季節

仏事があって我が家の檀那寺・・・そこからのすばらしき眺め その背景の山にも紫のフジの姿がありました

Dsc_0087 お寺はその村落の一番いい場所にあるようで・・・・・北側

Dsc_0085 こころが洗われる景色を眺めることが出来ました ・・・南

Kurema_remonsfon71 クレマチスも咲き出して ウラジロに木に絡ませたレモンシフォン

Dsc_0032 ふと見ると・・・シャガの群生の中にたくさんのキエビネが咲いています

Tyoujisou63 ブルーのチョウジソウがたくさん広い面積で咲いています いいコです

Dsc_0052 テマリカンボク 2代目

Dsc_0053 ガクカンボク10年たってもこの高さで横張り

Dsc_0064 アジサイの大きさの・・・これもカンボク 大きくなってたテマリカンボクがテッポウムシで

枯れて・・・!

Dsc_0021_2 ヤツデイワガサも足元で白く咲いて!Himeutugi_44 白い花では今 このヒメウツギもいい感じに咲いている

Dsc_0051 クサソテツも元気すぎて・・・!

Dsc_0026 緑の中ではこの色も冴えて・・・・

Dsc_0048 ヤグルマギクも愉しくて・・・・

Dsc_0021 ボリジも白も青もたくさんこぼれダネで増えています

Dsc_0069 ヒメラナンキュラス ゴールドコインも小径を彩っています

Dsc_0029 そして トキンバラ ナニワイバラ が咲いて

Dsc_0039 モッコウバラが今白も咲いています

Ati46 今トラデスカントが一輪だけ・・・夢のあるこの景色・・・しかし現実は~?

これからです!!バラの景色

2012年5月 1日 (火)

山紫水明

Dsc_0026 Dsc_0031 Dsc_0035 この前車で走ってて思わず止まってもらい撮った景色 この美しい自然を台無しにした原発・・・! 東大の中で原発にずっと反対をとおしてた学者の言葉に ほんとそう!

循環できるエネルギーの推進を!!

Dsc_0017

Dsc_0010               カルガモがやってきて泳ぎだしました

1週間田んぼ仕事におわれながら・・・・今年の田植えができました 作る事の出来る喜び

品種 こしひかり から ヒノヒカリへ そして更なる温暖化に適合する品種 2・3年後には広島県下で推奨されるらしい にこまる と ひめごのみ 

早く入手の縁があって・・・もちもち感のあるヒメゴノミ を今年から作付け

去年試験的に作っておいしかったのです!!

過酷な夏の高温に順応できるよう品種改良がお米の世界にも必要なのです

花の世界でも育種でよりよいものを作出 エネルギーの世界でも自然界に災いとならないものを! 人間の知恵できっとできる 

立春からかぞえて八十八日目・・・・遅霜の心配は今年はなかったがこの日から安心と昔から

夏野菜の植え付けもすんで やっとガーデン仕事 

雨の多いこの春は緑いっぱ~い あ~うれしいというべきか!!

バラもゾウムシでチリチリした葉っぱが多いなあと横目で見ていたが・・・・蕾ができたてのところが黒くなって・・・・茎の中にウジムシ・・・去年も多かったが今年の方が多い

バラクキバチの幼虫のようだが今年も1番花はダメなようだ

悲しいかな・・・とってつぶしてまわる

ニームや木酢 ニンニク焼酎 EM1 EM7(光合成細菌)HB101など混合液 3回かけたのだが・・・ニームケーキもまいたのだが!!

多花性のバラに期待するしかない私

しかし いろんな庭の景色が元気を与えてくれる

Katura67 今 カツラのハートの新芽がとってもきれいなのです

オオデマリもコデマリも大きくなりました

Dsc_0080  Tokiwa3 白のトキワマンサクも満開を過ぎてきました

30度近い暑さに咲き急ぐ花木たち

Jyasumin18 おもてに出ると ジャスミンのふくよかな香りにいろんな虫たちが飛び交っています

Tyurippu9 そしてまだチューリップも咲いてるのが不思議 トキンバラやキモッコウが咲き出してます

Dsc_0004 まだ続く紫の小径 このムラサキハナナの群生の美しさを教えてくれた人魚姫さん

彼女の家の横の山すそに紫の群落が出来ていて感動 でも気まぐれで同じ景色にはなりません 今年は愉しめた 徐々に背が高くなるのです

Dsc_0023 そうだ 雑木の庭にリニューアルされた花ちゃんのお庭にシンボルツリーとして大きな株立ちのカマツカの木が大小3本も入ってたが我が庭でも白い花を咲かせ出した

この木は裏山で花を咲かせていたのをひこさんが見つけて教えてくれた

移植したのがそだった 前八ヶ岳の柳生真吾さんの庭に行ったとき彼が推奨してた木

こ苗をいっぱい育てていた 

彼も言ってたなあ~・・・雑木の庭!

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »