« 原田のエドヒガン 早春なごみ桜 | トップページ | 立夏を過ぎた頃の花暦 »

2012年5月 1日 (火)

山紫水明

Dsc_0026 Dsc_0031 Dsc_0035 この前車で走ってて思わず止まってもらい撮った景色 この美しい自然を台無しにした原発・・・! 東大の中で原発にずっと反対をとおしてた学者の言葉に ほんとそう!

循環できるエネルギーの推進を!!

Dsc_0017

Dsc_0010               カルガモがやってきて泳ぎだしました

1週間田んぼ仕事におわれながら・・・・今年の田植えができました 作る事の出来る喜び

品種 こしひかり から ヒノヒカリへ そして更なる温暖化に適合する品種 2・3年後には広島県下で推奨されるらしい にこまる と ひめごのみ 

早く入手の縁があって・・・もちもち感のあるヒメゴノミ を今年から作付け

去年試験的に作っておいしかったのです!!

過酷な夏の高温に順応できるよう品種改良がお米の世界にも必要なのです

花の世界でも育種でよりよいものを作出 エネルギーの世界でも自然界に災いとならないものを! 人間の知恵できっとできる 

立春からかぞえて八十八日目・・・・遅霜の心配は今年はなかったがこの日から安心と昔から

夏野菜の植え付けもすんで やっとガーデン仕事 

雨の多いこの春は緑いっぱ~い あ~うれしいというべきか!!

バラもゾウムシでチリチリした葉っぱが多いなあと横目で見ていたが・・・・蕾ができたてのところが黒くなって・・・・茎の中にウジムシ・・・去年も多かったが今年の方が多い

バラクキバチの幼虫のようだが今年も1番花はダメなようだ

悲しいかな・・・とってつぶしてまわる

ニームや木酢 ニンニク焼酎 EM1 EM7(光合成細菌)HB101など混合液 3回かけたのだが・・・ニームケーキもまいたのだが!!

多花性のバラに期待するしかない私

しかし いろんな庭の景色が元気を与えてくれる

Katura67 今 カツラのハートの新芽がとってもきれいなのです

オオデマリもコデマリも大きくなりました

Dsc_0080  Tokiwa3 白のトキワマンサクも満開を過ぎてきました

30度近い暑さに咲き急ぐ花木たち

Jyasumin18 おもてに出ると ジャスミンのふくよかな香りにいろんな虫たちが飛び交っています

Tyurippu9 そしてまだチューリップも咲いてるのが不思議 トキンバラやキモッコウが咲き出してます

Dsc_0004 まだ続く紫の小径 このムラサキハナナの群生の美しさを教えてくれた人魚姫さん

彼女の家の横の山すそに紫の群落が出来ていて感動 でも気まぐれで同じ景色にはなりません 今年は愉しめた 徐々に背が高くなるのです

Dsc_0023 そうだ 雑木の庭にリニューアルされた花ちゃんのお庭にシンボルツリーとして大きな株立ちのカマツカの木が大小3本も入ってたが我が庭でも白い花を咲かせ出した

この木は裏山で花を咲かせていたのをひこさんが見つけて教えてくれた

移植したのがそだった 前八ヶ岳の柳生真吾さんの庭に行ったとき彼が推奨してた木

こ苗をいっぱい育てていた 

彼も言ってたなあ~・・・雑木の庭!

« 原田のエドヒガン 早春なごみ桜 | トップページ | 立夏を過ぎた頃の花暦 »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/54600642

この記事へのトラックバック一覧です: 山紫水明:

« 原田のエドヒガン 早春なごみ桜 | トップページ | 立夏を過ぎた頃の花暦 »