« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月24日 (火)

大暑の頃の花暦

暦どおり・・・しかし昔の人は感じなかったであろう・・・猛暑がやってきた

しかしです 家の中は扇風機さえあれば 網戸で南北の戸から山のみどりの風が通りぬけて涼しいのです 木と土で出来た古来から“夏をもってよしとする”日本の家

二階でも・・・夜蒸し暑かったとき・・・扇風機を始めてつけて寝て・・・1時間タイマーで

ひこさんが風邪をひいてしまいました 今がらがら声!!強い彼も 抵抗力が下がって・・・年かな~寒かったんだ???とか・・・

植物は元気です 池の中のミズカンナはもちろんのことロードガーデンのバーノニア(ヤナギバタムラソウ)3Mの高さです

Banonia1 ムクゲたち

Dsc_0034 これは代表的な宗旦ムクゲ

ダリア ミッドナイトムーン

Dsc_0027

ルリタマアザミもこんな強い日差しの中で咲くんだったかと・・・!

Dsc_0029見るだけで涼やかに!

アサリナが今年はよく茂ってくれて嬉しい 長い花期なのも・・・6月にもらって定植したのは今ツルが上がり・・・秋に咲くそう

Dsc_0035 この色大好き

宿根フロックス(おいらんそう)も今を盛りに・・・これも長く元気に咲く

Dsc_0043 夕方の姿です

そして ルドベキアの種類

Dsc_0038

これは5センチぐらいの中型花

ルドベキア・タカオは3cmでいい感じに咲いてくれる

Dsc_0030 この種類で外来種のオオハンゴンソウ(ハナガサギク)・・・も私は好きなのだが

北海道などでは駆除作戦が必要とか ここらでも比婆山の竜王に登る途中に群生してた

今頃・・・それにアサギマダラのチョウがよく飛来してて いい景色と・・・

植生を乱すのか・・・我が家ではおとなしくしてるからいいか!

Dsc_0021 このこ・・・きれいな黄色で 咲き方がおもしろいのです

この写真を撮ってるとき 下にジャンが来ていました

あらっ・・・ジャン!というと Jyan14 あくびで お返事!

Jyan17 そして 小首をかしげて な~に?Jyan18 なにげないすがたも いとおしく!

Jyan20 いいショットがとれました!! 彼も夕方が行動時間 朝寝・お昼ねな~がい毎日

2012年7月18日 (水)

梅雨明けと土用の頃の花暦

7月17日 梅雨明け宣言と共に34度の猛暑がやってきた 16日から・・ここは(ガゼボの温度計は31度)福山よりは低い

計8台の扇風機を全部出して分解して羽を洗い各部屋に設定 台所は1人に1台

各部屋の掃除と大物の洗濯・・・太陽のありがたさ!暑い日中は水仕事 気持ちよく

シソジュースもたくさん出来た!

九州の方はまだ雨の心配が・・・あの毎日の大雨・・・自然が壊れているのか・・・河川の決壊

言葉もない 水田もどれだけの被害かと!

こちらの稲は幼穂の出来るころで 13日に穂肥えにボカシを撒いて・・・後はお米ができるのを待つだけ!!

梅雨明け前 地ばえのキューリも撒いて スイカもたくさんなって・・・明日は2個目をとる予定 交配から45日たてばOK! なってるとこの巻きひげが茶色になってること!

今の庭にはブルーと白の花が多い

降っても晴れても元気なアガバンサス

Agabansasu54

Dsc_0056

キキョウの季節

Dsc_0017_2 なぜかベルガモットの白は遅く今咲いている

Berugamot23 そんな中 有用微生物の勉強会があって 行ってきた

略してEM菌・・・の・・・比嘉教授が向島にこられて!

Dsc_0004

地球のもとは微生物から・・・・

微生物はすべてを分解する 放射能のあのセシュームまで!

あの 全村帰村を打ち出した川内村・・・このEM素材で噴霧して除染の成功・・・セシュームの値が0?になり可能になったとか ~えっ~報道されてないよ~そんな技術

今日すぐ近くの飯館村の封鎖をTVがしてた 17日・・・

なかなか信用しないのです とくにNHKはとか~ しかし計測の事実を見て 福島県知事はこの技術を使うと決めたそう!

あのタイの洪水後の 蔓延した汚染をトヨタの工場などもこのEMの技術(有用微生物を使ってきれいにする)外国では皆認めて・・・・活躍

宮崎の口蹄疫の時も活躍して蔓延を止めたとか!

日和見菌(ひよりみきん)  なんか人間の世界にも  感染症にかかってもこの日和見菌しだい いいほうにつけば治癒する・・・いじめの構造にも?・・・を見方につけて

EM生活をやっていこう!

トイレの浄化槽もこのEM菌の発酵液を入れて分解してくれて手いらず

コッコの小屋もアンモニアを分解してくれてにおいなし

モネたちの猫のお水に1滴落として腸の調子良し これはEM菌の中の乳酸菌の働き

花たちは光合成細菌の恩恵を受けて光合成が活発に・・・

ヌカ漬に初めに たらっと落とすと 次の日には発酵しておいしく 捨て漬けなし

漬物すべてに・・・いい発酵を早く・・・・今日本の発酵食品は世界で注目

おまけに 抗酸化作用があるのです

腐葉土づくりにも この菌を撒くと早くいい発酵をする・・・しかしです・・・ヌカをたくさん入れすぎてすごいごちそうだと・・・今 夜な夜なイノシシ君がやってきて食べまくり・・・大弱り!!中山畜産が唐辛子が利くというので5kの大量を撒いたが・・・ゴーグルして・・・息も出来ぬほどむせた・・・

Dsc_0021 Dsc_0019 しかしです 激辛好きのイノシシらしく?・・・なんのそのおいしいと・・・壊された置き場

この上から降りてくる!

EMの活性液を薄めてペットボトルを30cmおきに置くと4つ足の動物はその波動を感じて入らないとこの講習会で聞いて・・・ホントそこはよけて いつもでないとこからやってきた

昨日はラジオを一晩中かけておいたら来なかった 今日はそれにプラスLEDの懐中電燈をつけておいてる どうなることか???

Kanna32 イノシシは車道は越えない ここのロードガーデンは無事でカンナが元気

しかし山際のとなりやしきガーデンはミミズを探して・・・少し被害 そうだ鬼百合の根をほりあげてユリ根を食べてた でも器用にそこだけ掘って!

すぐそばのホリホックは大丈夫だった ガーデンは1回だけでもう入らないようだ

Horihoku24 ホリホックはおひさまが必要 この奥にまきもさんからもらったブラックを植えてるが植物の陰になって葉っぱだけ・・・ターシャのアプリコットのもオオデマリの葉が茂り雨に溶けてしまった

みやすそうで ご機嫌をとらないとそこねる植物!と感じた

Kiiro29 今 この花 たしかイノちゃん・・・猪岡さん・・・あれっ 意図的ではありません

からもらった花 キバナの ミソハギぽいのが元気よく咲いてる

名前が分からない 

2012年7月11日 (水)

山中湖のお庭訪問

Dsc_0174 早朝の山中湖 こちら側が富士山

「BISES]などで何度か目にしていた ある大学の研修センターの庭

それはそこを管理されていた女性の手によって 学生たちがお化けの森 といってたバックヤードを自然と調和した共生の庭に創り込まれた・・・春夏秋冬で姿を変えて・・・と紹介されていたが 非公開とあった 気になる庭であった

去年 あの災害を受けて 支援の為にⅢ庭で共同オープンガーデンをされて集まった

募金計300万円を震災の寄付にされたとか・・・

しかし その施設も閉鎖が決まりそのすばらしい庭も閉鎖 嘆願署名活動で この6月28 29 30日だけ公開との情報

泊まったホテルでその夜山梨テレビがその詳細を放映していた

日本で3本の指に入る庭とか言ってた その庭は「ベルスーズ馨る庭」

『子守唄』を意味するその名のとおり 訪れる人の心をやさしく揺らして そっと癒してくれる素敵なお庭です

19年の歳月をかけてコツコツとこの庭をつくりあげた佐藤順子さん

あの北海道の「風のガーデン」の上野さゆきさんの伯母上なのでした

今は北海道の旭川でまた 新たにガーデンづくり をされているそう”見に来て下さいね~”と

テレビでいってらした

一週間遅れだけど まだ開いていないかと・・・・管理の方が“もう彼女も旭川に帰りました・・・入ってはいただけないのです”とのことで 残念でしたが 周りの森の中を散策

出口のとこの写真を1枚 雰囲気を感じて!視線のむこうには ギボウシのたくさんの重なる葉っぱの波がみえた・・・

Mori183_2 あるく下草のあいだに・・・Dsc_0180 ヤマオダマキが・・・山野草がいっぱい なぐさめられて・・・

Dsc_0178 ヒメジオンのこんなうす紫色・・・ハルジオン?楚々とあちこちに 

伺えたもう1つのお庭

Tukahara190 山中湖でもホテルのフロントの方が夏は3割冬は7割の富士山の見える率と・・・

3割に入ってこちらも入らせていただけて・・・・富士とお庭のコラボ 長いことバルコニーに・・・この景色に!

あのシックな赤の“アンダーザ ローズ”も入れてあって・・・

ギボウシも圧巻

Gibousi211 おおきな木々も有効に・・・・登ってるのはクレマチス・モンタナのたしか マジョリーとおっしゃった 

Montana188 私が感動したのはこの植物の扱い方・・・それは アエボコデューム(フイリミツバ)上のこの木の根元でも活躍してる

Fuiri212この旅ではいたるところで目にした植物 私も もっともっと増やそうと・・・

そしてこの景色

Arikemira222 ギボウシの横のアルケミラモリスも原村でもよく育っていた いいなあ・・・レディスマントル

案内の時最初に教えてくださった これ・・・フジアカショウマです と

愛されてるんだな~と アカショウマはどこでもあるけど 富士の近くの固有種なんだ!

Syoum230 アカと言うけどシロの方です

Montan236 ナラの木にからまるモンタナ・・・・圧巻でした

ほんとうに会えて幸せ ありがとうございました

この辺りは企業の保養所や別荘の点在する森の中 森林浴を愉しんで歩き回る

途中からタクシーを・・・・同じ人で・・・もう1軒あると・・・帰る途中だからと寄ってくださる

それは車道の傍

Nakamura249 そこはオープンガイコウでヤマボウシとたくさんのバラが・・・ポールズもノバラも今を盛りに咲いていました

湖畔に下りて おいしいと聞いていた こだわりの10割ソバ“朋賛”で・・・名物のほうとうも

腰のあるソバも・・・とってもおいしかった

湖畔を散策していると遊覧船が出ますよ~・・・との声で 乗ることに・・・よかった

Fuji278 まじかで富士の姿を堪能できた

Hakutyou302 白鳥号

Dsc_0289 2階建て・・・デッキには大きなシベリアンハスキーが3匹 これはダルメシアン

犬さんと縁のある旅でした

Hakutyou303 すばらしき眺めを満喫

Hakutyou305 白鳥も泳いでいました ホント!!

高速バスで新宿へ・・・・・帰ってまいりました

2012年7月10日 (火)

山中湖へ

Dsc_0159 茅野から切符はあるのだが原村からは富士見町が近い しかし特急が止まらない

次の小淵沢まで送っていただく20分ぐらい ありがたい

日本いたるところに富士見町はあるそう・・・・前回の時も富士見町うろうろしたな~ そう村田バラ園がある・・・そう時は流れて 同じ時は2度とないのだ!!     途中で富士山が見えた!

ここから大月まで 途中甲府で乗換えとか 

韮崎(にらざき)とかひこさんがサッカーの中田英寿の出身高校がアル町だと言ってる

この辺りは通ったことないので車窓が愉しい

Dsc_0171 甲府からは普通電車・・・この駅ではすりかえ?電車待ちで10分待たされた

おかげでこの景色が見れました

大月からは富士急での登山電車 1っ分の乗り換えに走りました

着きました

Dsc_0308 計画の時ひこさんが富士吉田がないない・・・・富士山駅しかないと・・・

なんと1年前の7月からあの有名な富士山登山の基地富士吉田は富士山駅に改名されていたのです 着くと改名1年目おめでとう という垂れ幕が・・・!

知らない人もまだ多いのでは?

そして山中湖へ

Fuji266

原村のオープンガーデン巡り

爽やかな高原の朝 きのうとは打って変わって真っ青な青空

6時から散歩に出る

Yatugatake137_2 第2ビレッジから第1ビレッジに行く途中には八ヶ岳の勇姿が・・・ここは八ヶ岳のふもと

Matii150 まずはこのガーデン

寒さゆえにこの地にあったハマナス系のバラが多く入れられてガーランドにからまってるのはまだ固いつぼみだった サンショウバラは高く木のようにもう咲き進んでいた

Gazebo43 早咲きのクレマチスがガゼボにたくさん美しく 朝もやの中に!

Sikiisi37 コッツウォルズの石積みとこの石畳に感じて!

反対側のワレモコウさんのお庭も

Deruhi50 こちらもバラも多く 広く歩けて・・・・オレンジの花は トロリウス シネンシス山中湖でも見た!アナベルはまだ固くグリ~ン

道を隔てた このあたり

Magareto58 今の原村はいたるところに マーガレットの白い花があふれ木々の下を景色づくっているのが自然の美しさ

そしてこの花 我が家にも咲いている 春咲きシュウメイギク・・・と思っていたらこの前庄原のOGで友がイチリンソウといわれたと ・・OG最後の日だから差し上げましょうと・・・この花と同じよと! こちらでは アネモネと ???

Haruzaki79 地下茎で増えるらしくいたるところに・・・・検索してみる

アネモネ・シルベストリス そしてキンポウゲ科イチリンソウの仲間 

そうか 秋明菊より小さい花でよく似て 春遅く咲くから・・・みんな当たってる名 でした

この花もいたるところに群生 素敵です

Kawa67 村には小川も流れていて それを取り込んで こんな景色が・・・

Og60 ここは森のクレードル(ゆりかご)さん庭 自然木の柵やアーチが愉しくって!!

スカビオサが背高く・・・ずっと秋まで咲くのだそう

いたるところにギボウシも元気だったな~ 自生のものもあるそうで 無理をしてないコの地にあったものが多く やすらぐ小路

最後に一番端まで歩くと・・・・バラといっぱいに茂った宿根草の個人の別荘がありました

奥様が出てこられてどうぞ! たくさんの説明・・・ダマスクは寒さに丈夫 モッコウはダメ

ペイシーズ・パープルローズ・・・これもハマナスの血をひいてるバラ

ファイルヘンブローも咲いてたな~ た~くさん ありがとうございました

Baranoie123 ご苦労も多いこの地で・・・・みんな 名前を教えてくださいました

何度もワンズワースに帰って

Pensyon90 同宿した高知の犬のジョイ君と

Inu101 とっても賢いお行儀のいいコでした 犬も同伴できるのです 高知からの家族です

2012年7月 7日 (土)

寒冷地のガーデン巡り

Tukaharatei203 梅雨のさなか 今年は遅れているらしい北の花の季節 7月3日出発

ここは山中湖・・・・富士山を借景の個人のお庭  会えて幸せでした

ほんとうにありがとうございました

こちらは最後に伺ったお庭

まずは名古屋から中央線で塩尻~茅野からバスで栗平 バラクラへ!

何回行けば・・・とのひこさんの声

八ヶ岳の帰りの頃は宿根草の庭を見に・・・今はバラの季節に そういつ来ても違う景色

見る対象も異なってくるのです

10日以上今年は遅い との言葉 満開でした

着いた時は傘がいらなかったのに 雨が降り出しました

入り口のバラ ロサ・フェリペス・キフツゲート   とっても感動の景色Dsc_0001 雨の中でしっとりと!

Kifutugeto23 キフツゲートです 右横もそう フジ蔓と絡まって・・・我が家のとは少し違う花の感じ Mankai7 遅咲きのブラッシュ・ランブラーだと思うのですがこれも!

Burassyu3 ここの景色も初めて バイオレット きれいに咲いて!アナベルはまだグリーン

Baioreto15 ここの景色もあたらしく 係りの方に聞くと3年前からだそう ファイルフェンブローの景色

Bururanbura20 向こうに見えるのはガゼボを覆うポールズ・ヒマラヤン・ムスク

Resuta19 家では上手くいかないフランシス・E・レスター 寒いここではきれいです

ここのバラの終りを演出するドロシーパキンスはまだ蕾で・・・少し勢いがない感じ 聞くとテッポウムシの被害 やはり温暖化でここも多いそうである

原村のペンションに迎えを頼んで・・・・

雨も降り寒いので 温泉まで送ってもらい 原村のもみの湯 かけ流しのやわらかいいい湯でした 地域のかたの温泉 5時からは込むので500円のとこら300円とのこと

雨で全然込んでませんでした~!

雨なんで今日のうちに地元の食材の農産物販売所にも寄ってもらい 家に発送

着きました ペンション ワンズワース

食事もおいしくて・・・・あくる日はこの青空

Wanzu88ここは標高900~1300m バラクラより少し高いのです

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »