« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

ヒイゴ池湿原

Dsc_0001 岡山県総社市にあるヒイゴ池湿地

Hiigoike2 この地特有の植生が守られて・・・・その季節でいろんな植物

今は サギソウの群生が見られるということで 暑さの中昨日行ってきた

今盛り・・・たくさんの 白いサギの形 

Dsc_0023 暑さの中で涼しげにトンボも飛んでいた

Dsc_0013 ちょうど巡回中の係りの方が・・・・今年が20周年の年だそう オニスゲの中にサギソウが

ここにもイノシシが出てる・・・たがやして のたうちまわる・・・寄生虫を落とす為だそう

今朝きたあとがアル・・・ひこさんがいずこも同じと話している

サワギキョウやサワヒヨドリも今を盛りに湿原・・・・こちらも雨・・・全然降ってないそうだが水が流れている

そして 家の田んぼの周りにも咲いているこの黄色の花

Dsc_0004 係りの方がこれは 外来種のヒレタゴボウ・・・ヒレがあって田の・・根がゴボウのよう だから!・・・ここの固有種を駆逐するので抜かなくては・・・

といってらしたが一角が黄色の群生できれいだった

帰って調べると これは違うが 史前帰化植物というのがあって それは稲作文化と同時に入ってきた植物というのがあって それはこれににてる チョウジタデはそう そしてイヌタデなども・・・それは抜かなくていいのだ!! 

このヒイゴ池のそばに あの涙でネズミの絵を書いた”1休”さんの修行したお寺があるというので寄ってみた

失礼・・・一休さんではなくて・・・雪舟でした ひこさんがなにが一休さんだ~

彼の発案で行ったので・・・私は認識不足 この記事を見て指摘されて!!

Dsc_0026 ヤマモミジのたくさん茂った涼しい空間にあった

Dsc_0038

木の造形に美しさを感じて!

Dsc_0047 スイレンの咲く池の上にボタンヅル・・・いや葉っぱがギザキザがないのでセンニンソウがとっても美しく咲いていた

2012年8月23日 (木)

処暑になりました

暦の上で処暑になったけれど・・・・今日はことのほか暑かった 朝は涼しいのだが・・・そこに少し季節の移ろいは感じる

秋野菜の植え付けのため まだなってるスイカをみんな取ってかたづけた

そしてトラクターできれいに引いてもらう

お昼に家に入るとこの姿 涼しいところを見つけて・・・・この場所でははじめて!

Dsc_0006 秋野菜の準備で忙しくなる前にと・・・・

Dsc_0002_2 ひろしま美術館に行ってきた あのジェルブロア(フランスでもっとも美しい村)の1つ・・・バラの咲き乱れる村・・・いつかまえ TV・BSで紹介していた

アンリ・ル・シダネルが見出した人口100人にも満たない小さな村 そこでモネのジベルニーの庭にならって大きな庭を自分で創る あふれる薔薇に住民も自宅に薔薇を植えだして 今では「薔薇の街ジェルブロワ」世界各地から訪れる人々

早く行きたかったのだが 遅くなってしまった 途中の山陽道の高速道わきには白いタカサゴユリの群生がいたるところにあって・・・すばらしい!

この美術館5台の駐車可能・・・あいていたのです!! 無理だろうと前のリーガロイヤル ホテルの地下に止めてしまいました

入ってすぐ なんとNさんの後姿が・・・・偶然ってあるんですね~会うことが出来ました

こんなにたくさんの作品にあえて・・・・興奮でした

アンティミスト 小さな幸せを・・・・

Dsc_0009 「離れ家」 この薔薇は彼がこの地に最初に植えたもの 月明かりを愛し 家々の窓から漏れる光 想像する心を与えてくれる

この絵にひかれて・・・なんと ひろしま美術館の持ってる絵でした

モネと同じ1900年ごろの光を感じ影響しあう画家

マルモッタン モネ美術館からもたくさんの作品がここにきていて!!

絵画の周りには2011年のジェルブロワの村の景色も写真で紹介 その窓辺にはスパニッシュ・ビューティーや ギスレイ・フェリゴンドの薔薇が咲いていた

Dsc_0010 「夕暮の小卓」・・・・この絵は 大原美術館から貸し出されて・・・ここにきていた

大原では 小島虎次郎が直接シダネルから購入したと書かれていた

小島虎次郎の大活躍をかんじて!!彼はモネからも直接モネの気に入ってるスイレンの絵を譲りうけた

そして モネもアンリ・ル・シダネルも愛する妻の名は“カミーユ!!

8月はじめに 妹のとこにやってきた ミミちゃん 今日遊びに来ました

少し大きくなっていました ジャンとキスして・・・ジルと車も平気で乗ります

耳のとこにスゴイ長い毛があります

Mimi2 少し臆病な顔で・・・でも 人なれしてる子です

Tama20

2012年8月20日 (月)

大原美術館

倉敷の大原美術館に行きたいというので・・・・

そうだ・・・・モネもあるのだ・・・と???

Dsc_0013 うちのモネと息子のジャンですが・・・

れおが生まれた時に子猫だったモネ10歳の今 帰ってきたら分かるのですグルグルといつも傍に・・・いつも外にいるのに・・・皆がいるとコに!

その点ジャンはなんか落ち着けないと・・・ずっとお外 逆転現象 モネは自分の味方が多い~とわかっているのです

Dsc_0093 総勢11名 JAFの会員割引もあって助かる

絵の好きなあんりは虎次郎の振袖の柄がすごいと見入ってた 入り口にアル

らんはベートーベンがいると・・・そんなはずはない・・・塑像があった!!

エル・グレコの受胎告知は2年前から特別な場所に移されている

アンリ ル シダネルの絵もあったはず・・・ないので係りの人に聞くと 今貸し出し中と・・・

そうか今 ひろしま美術館で開かれている シダネル展にいってるのだ!!

ピカソもあると・・・・おどろいて みんな!・・・・そうなんだよな ここの収蔵作品の凄さ!

Dsc_0096 モネのスイレンの絵を見て・・・・中庭のスイレンが咲いていた

美術館の手前にネコグッツのお店があった

Dsc_0091 皆すぐ入る 奥に猫ちゃんがいるのだ

Dsc_0088 手前は7.2Kのレオと言うネコ おなかの模様がおもしろい れおが自分の名前と同じと!!

11日から19日まで今年はカレンダーがいい暦であったな~

息子がイノシシに荒らされた・・・ラジオをかけて 防虫ネットをかけたら堆肥を食べなくなったが 大きいカセットラジオをけとばしてた 発酵温度が上がって熱くなりウジや虫は皆死んでおいしくなくなったのか・・・それを皆袋ズメしてくれて堆肥置き場を治してくれてトラックが通れる!!

堆肥もとってもよく利いてマルチ代わりに野菜やバラたちにかけている 乾燥予防

このバラ ザ・フェアリーもまた咲いて来ました 今日の姿 3回目の満開?

前の満開は6月22日と記録あり

Dsc_0113 まだ蕾がいっぱい付いている

そしてガーデンや池の土手思わぬところで顔を出して咲いている・・・モグラが球根を運んでいる ナツズイセン

Dsc_0006

ヒガンバナ科、学名はリコリス・スクアミゲラ ヒガンバナや キツネノカミソリも同じリコリスの仲間 み~んな全草有毒

暑さの中で・・・・でも朝方はとっても涼しく・・・日常の日々がかえってきた

お盆が過ぎて

Dsc_0114 連日35度のお盆明け サルスベリは元気です 薄いピンクの! 挿し木です

Sarusuberimu105 ラベンダー色・・・鳥が運んで芽が出て咲きました もう5mの高さに 遅く咲き出しました

Dsc_0115 昨年 濃きワインレットの挿し穂をもらって挿して・・・今蕾も付きました 早い成長

愉しみです!

お盆の間はずっと雨マーク・・・・しかし全然傘はいりませんでしたね~

家を離れてず~とおでかけです

Dsc_0015 井原の芳井にあるプール“あすわ” とってもきれいで 水温も低くて気持ちよく泳げます

高いとしんどいのですよ

そしてここは吉備路 備中国分寺 総勢11名 遠くから帰ってくる孫たちは歴史を感じて

Dsc_0032 夕日が五重塔の横に入りました

Dsc_0026 この地にある“サンロード・吉備路”は温泉もアル宿・・・肌がツルツルになるいい湯です

Dsc_0074中庭の広場でキヤッチボールしたり スイカワリしたり

Dsc_0034Dsc_0071 Dsc_0050 ここでは 丹頂ツルも飼育していて 係りの人からの詳しい説明を熱心に・・・・聞いていた

生きたドジョウが一番の好物 トキなどと同じ・・・でもミズカキがあって泳げるんだそうだ

雛もかえってて・・・泳いでる姿 へぇ~と

Dsc_0064 ネットのないとコでの放し飼いは風切羽を切ってあるそうだ・・・ミミズなど大好物

赤いとこはトサカと同じ 健康のバロメーター うちのコッコと同じ・・・

丹頂は簡単に夫婦にはならないが死に別れるまで添い遂げるのだそうだ!

水鳥で高梁川水系 旭川水系 吉井川水系での野外飼育「タンチョウの里おかやま」を目指しているのだそうだ・・・・いろいろ聞けてよかったね~ みんな!!

そしてここの 産直広場で買った 完熟ひび割れモモ15個1200円の甘かったこと・・・

今まで生きてきた中で・・・感動の甘さ また買いに行きたい

2012年8月 9日 (木)

立秋の頃の花暦

Kurema72 立秋・・・暦の上では・・・・しかし連日の35度の酷暑 でも2階で休む時に1枚薄い羽毛布団を出した タオルケットだけでは涼しすぎて・・・朝方感じる気温の変化 

水もやらない となりやしきガーデンで こんなにたくさんの花をつけて咲いてくれてる クレマチス ジャックマニー・ビオラを褒めてやりたくて・・・!UP

連日オリンピックの熱戦で・・・・イギリスの地 あのシシングハーストの壁面を広い範囲でおおい 咲き誇っていた クレマチス ジャックマニー

これは二番花 さすが旺盛な花付きです 今日お礼の気持ちをこめて1時間井戸水をやった

オリンピックの為に今年のイギリスはワイルドフラワーを取り入れてメドーをコンセプトにいたるところにメドーの景色を創るといっていた

こんな景色

愉しみにしていた しかしです・・・開会式にしても後の映像にしても バックにしても ちっともそんな景色は写らない!!マラソンにしてもあんな街中・・・・同じとコを何回もグルグル・・・

残念だな~

私も創ってみたくてワイルドフラワーの種を今 タキイから取り寄せた

前 行った時カウボーイ姿の女性のメドーガーデン 忘れられない景色

北海道の上野さゆきさんも創ってた 母が・・・と

あの射的山?のふもとのとこ 柳の大木のとこに!

Bethikoninng2 ジャックマニーほどではないが 2番花のクレマチスが暑さの中で咲いてくれるのが嬉しい

これは ベティコーニング ブラックプリンスやプリンスチャールズも咲いている

Dsc_0049 暑さをのがれて矢掛から高梁を通り勝山に抜けて湯原温泉に行ってきた

この道はいつも通る神辺~井原の国道313号なのだ・・・標識を見てひこさんに言うとあったりまえだ~と言われてしまった 313はこんな遠くまで続いてるのだ!何回も来てるのに初めて気づく  R313は日本海を走る国道9号まで続いてるのだ スゴイ!!

帰って地図を見ると蒜山の横を何度も通った犬挟間峠を通る道 美作街道と名づけられてる歴史ある名街道なのだ 備中街道とも言うと・・・下に下りると何度も行った関金温泉もアル 

湯原温泉に入る時まっすぐ行くと 犬挟間峠と標識があったな~・・・R313なのだ

参勤交代のとき通っていた旧山陽道から日本海の山陰道への道・・・歴史ある道!!

神辺を通る道といえば 石州街道もよく聞く道

三朝温泉にしようかとも思ったのだがそれはも一つ横の道・・・津山街道 倉吉を通る道

道の歴史を感じた

 

このホテル八景は気になるホテルだった・・・このつり橋を渡った先にある  湯原ダムのすぐ手前Dsc_0047_2

ロビーです

Dsc_0046 お風呂の格子から外がちょうど 砂湯が眺められる

Dsc_0040 ホテルがらの涼しき眺め 下は岡山市への旭川 昨年の豪雨被害は修復されていた
 

しかし私たちは帰り道にある真賀温泉 にも入って ここの湯の38度のそのままの源泉かけ流し 過熱もなし加水もなし とろっとした湯 が大好き 本物志向・・・施設は古い

でも昔から愛されて・・・殿さまも入ったという 幕湯もある

地元の方が近くの足(たる)温泉よりこっち と 足温泉は改装して快適に・・・でも沸かしてる

もう1つ 郷緑温泉もわき道にアル 入ってみたい・・いつかは・・・

ここらは豊かな湯原温泉郷なのだ それぞれ泉質は違うのだそうだ

このあたりでおいらんそうの群生を見た いろんな色が畑一面に咲いていた

宿根フロックス・・・・そしてオレンジ色のキツネノカミソリの群落も・・・止まってくれなくて写真撮りそこねた

帰りに寄った勝山の町

Dsc_0059 ここのバックに3箇所 見事にサルスベリが咲いていた

Dsc_0053 サルスベリの大木はけっこういろんなとこにある・・・が・・・ここのは木の形が端正

この少し濃いいピンクが植木屋さんは一番価値がある色だという 昔からアルうちのと同じ

Dsc_0052 前は水曜で定休日だった リベンジで・・・本にも載ってる黒蜜のパフェがとってもおいしかった

Dsc_0057 ギャラリーも兼ねてて・・・中庭のこの石畳 今度ミカゲ石を敷きたいとこがアル 参考にナル

道すがらたくさんの さるすべりに元気をもらった

帰って来たら我が家でも咲いていた

Dsc_0027 シロのサルスベリ

Dsc_0029 薄いピンク 

Dsc_0083 そして白穂のチカラシバが涼しげに揺れている

そして 出かけているとここで待ってるジャン

Jyann32 どこに行ってたの~と イワダレソウの中で!!

2012年8月 3日 (金)

土用の丑を過ぎて8月2日満月の頃の花暦

Dsc_0001 連日の35度の猛暑の中 イギリスでのオリンピックが始まりました

しかしかの地は厚着をしてる人多く テニスの錦織 圭選手の快進撃の応援席ではフリース  ダウンジャケットを着てる人もいた 夜は13度とか・・・ホント?6月頃は夜10時まで明るかったけど・・・圭の試合のとき日没が早くなって もう少しのとこであの照明施設のアル あのウインブルドンのセンターコートに移って勝った NO.5に勝った 次はベスト8 あのデルボトル すごい!!“圭” 頑張れ圭! 

夜半を過ぎて外の煌々と輝く満月の月に見入る日々

内村航平選手の金メダル “ 表彰台の上では違う景色が見えた”と・・・そうか景色なのか~

おめでとう!!元気をもらって となりやしきの草取りが終わった

今は6月に入ったであろうバラの根元をよく見ておがくずが出てるのを見逃さない・・・

カミキリムシの幼虫 “テッポウムシ” 夏のバラの枯れる原因 処理しないと3年は株の中にいて!!

そのためにはバラの足元をスッキリさせて見えるように!7月にカミキリ虫大きいのを3匹捕まえた しかし何箇所か入られてワッカのようにオガクズが出てた 処理した

ミナズキが今年も元気で咲いてくれた これも下にテッポウが入る いつも気をつけてる

このとなりやしきガーデンには梅雨明け以来一度も水をやっていない

でもバラのソンブレイユやコレッタや アイスバーグそしてセージたち宿根ヒマワリ ユーバトリュームの紫の花 元気に花を咲かせてる

カキドウシなど草たちが地表をおおっているのがいいのだと・・・それらは残している

この真夏の暑さと乾燥に生き抜いて・・・根をしっかり張るのだよといっているのだが

今日カツラの木・・・葉が萎れてきてるのを見て1時間井戸水を流しておいた

カツラは水をいつも欲しがる! 

Dsc_0019 カリガネソウがブルーに咲いてきた

Dsc_0006 クサボタンもこの種類は濃きブルーで!

Dsc_0054 ラベンダーセージと黄色のカンナが補色の関係で・・・メドーセージも群落を!

Dsc_0048 クレマチスの2番咲きこれはデュランディ 今頃次々咲いてくる

Dsc_0040 そしてサルスベリ 暑さを謳歌して・・・いろんな色が・・・集めてみる

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »