« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

霜降の頃を過ぎて

Dsc_0011 秋の華展は目白押し・・・・今咲いてるサクラタデが素敵に入ってた

ススキとよくあって!

Dsc_0022 裏山に生えてる ナツハゼと 石崖のあいだから生えてるホトトギスを使ってもらえて!!

Dsc_0026 自然の中の季節をピックアップ 家でも咲き出した

三朝温泉と同じぐらいいい湯だと・・・この辺りでは1番と・・・聞いて 初めて行って見る

それは 弘法の湯・・・福山 山手の山中にアル

Dsc_0030 次々 お水を汲みに来る人々 宿泊施設もある ラジューム温泉らしい

1時間ぐらい入ってストレッチもして 出たあとポッカポッカにナル

Dsc_0035 施設は3年前新設されて・・・・でも前からあった古木の紅梅の木は残されて・・・・空洞の幹で生きてる姿・・・・紅梅には歴史を感じる

Dsc_0037 お寺の階段を下りたとコに・・・・素敵なシッポのネコがいた!

Dsc_0032 周りの山々は紅葉がはじまって・・・お月様が見えていた

2012年10月19日 (金)

お泊りネコ

ジャンの兄弟のジルが4泊しました

家族が旅行に行った為ですが・・ドラマがありました

よく昼間 車に乗って遊びには来ていたジル おかあさんに目を見てしっかり説得されたそうで・・・・2日は早寝早起き しっかりお留守番 

3日目は 2日ぐらいだろうに 3日とはおかしい・・・と車庫のとこでいつもの迎えを待つ姿

今日も泊まるのよ・・・いやだいやだと泣くのです 不安そうに!抱っこして中に

モネが寝るんだヨウ~と同じ部屋で見本を見せてやってる

4日めは 夜帰ってきません 心配しました 自分で妹の家にとことこ歩いていったのかと・・・

いえいえ すっかり慣れて・・・いつもの夜遊びが始まっていたのでした

12時前に玄関にニャ~と・・・安心してみんな寝ました 朝方寒いと布団にもぐる始末

家族の一員に!!

なんだか 愉しそうだな~とあの ノラまがいの トラまで家の中に入ってきて・・・それはだめだようと トラには戸を開けて出て行ってもらいました なんだ ダメかよう~と未練がましく出て行ったそう

裏庭で4匹がそれぞれ座って日向ぼっこ・・・・絵になってた 写真は撮りそこねた

4日目はジルとジャンが池の土手で一緒にお昼寝をしていました

そこにウコッケイたちが散歩に上がって彼らを見て大騒ぎ・・・そのときのどうしたのと言う2匹の姿です

Nihiki8 畑から帰ってくる途中の私 おおいそぎでカメラを・・・取って来ると 間に合いました

2hiki2 目覚めた2人 ボーっとしています

2hiki5_2 こっこたちとの写真は撮りそこねましたが・・・・生き物達との係わり合いを見ていると

ほんとうに愉しいのです かのターシャ・チューダーの空間もこんな動物達とのふれあいの中にあったのでしょうね~

三原の山火事でチャオさんが 家は燃えてもいいけど・・・大事なものはネコだけ 何が何でも7匹のネコだけは助けなければ・・・といってて びっくりしたけど 車に灰まで落ちてきてたそうで・・・・大事無くてよかった!!

Kokko 撮りそこねたコッコたちの写真 番人さんが撮ってくれたのを貼らしてもらいます

彼らがすぐ横の池の土手に散歩に上がったのです

Dsc_0014_2 この後2人は下のコスモス畑に一直線で走っていきました

いつもジルが先導・・・ジャンは後を追っかけますが スレンダーな彼の真似は出来なくて

おおくたびれのジャン・・・・いつもと変わって夜はグースカピースカ

そのとき夕日の中で彼らが寝ていた傍のバラ

Mutabiris22 ムタビリス・・・輝いて

そばには秋の低い気温で夕方でも酔わないスイフヨウが白く!!

Dsc_0025

今日お母さんがお迎えにきました ちゃんと門のとこに座って待ってたそうで・・・・車から降りる彼女にスリスリ 感激の対面だったそう 私は台所にいてわかりませんでした!!

彼女がネコベットにいるモネに ありがとね・・・モネちゃんというと モネがニャオン・・・と言うのは見ました わかるのですね~ 言葉!!

2012年10月17日 (水)

ウインターコスモスの頃

今日はこの秋初めての 本格的な雨 ずっと晴天続きで とっても乾燥していた

九州では雨の被害も出てるるようだが三原の山火事もこれでおさまってくれるだろう

庭や畑にはとってもいい恵みの雨

Dsc_0033 水を全然やらないでも 元気で気温の変化を感じて ウインターコスモスが咲いてきた

今ロードガーデンが愉しいのです

Dsc_0042 植物は豊かにたっぷり生い茂ってるのが好きで・・・いえ植物のなせるまま・・・

ボックセージにメキシカンセージに シックな赤のサルビア ラベンダーセージ メドーセージ

ちなみに,Salviaはラテン語のSalvere(治癒する) やSalvus(健康) から,Sageはフランス語の古語Saulje(現代語ではSauge=賢人) から来てるそうです・・・同じもの

大きな種類のくくりではアキギリ属に入るらしい 県北で今頃よく見るキバナアキギリがあるな~

秋を謳歌している

でも冬の寒さをこせない種類もあるのが悩み 下のシックな赤のサルビアは今挿し木をしてコ苗か ほりあげて鉢上げして保温しないといけません

Sarubia58 雨の後の明日の秋バラはどんなだろう 水分をもらって喜んでいる

やってなくても こんなに咲いて・・・ムタビリス

Mutabiris70 もう1枚

Dsc_0014 ソンブレイユも秋はきれい・・・でもまた下にテッポウが3回目

Sonbureiyu65スノーグースも元気ないな~と下を掘るとガンシュが・・・けずりっとって 有用微生物のボカシを刷り込む と今元気に蕾を立ち上げてきた 菌 対 菌でやっつけている! Dsc_0009 そして咲いてきた 後ろに植え込んだセシル・ブルンネにも大きなガンシュが・・・新芽が秋でも動かないな~と思った とった今赤い芽が動いて咲いてきた

秋も咲く品種が咲いてこないのは根元の点検が必須であるな~

ホントに油断も隙もあったものではない!

Dsc_0010 屋根の上まで大きくなって!つるセシル・ブルンネ

Dsc_0011 その前でいつも咲いてくれるヘリテージ・・・・健康な証拠です

ザ・プリンスも秋の深き色で・・・

Dsc_0012 秋バラの季節です

2012年10月15日 (月)

秋の庭での1日

Dsc_0066_2 八重紅梅の枝のあいだに・・・マダム・アルフレッド・キャリエールが繰り返し咲いてくれています なんと愉しい景色です 8Mの高さです

紅梅の方が大事でしょう!・・・と言う人もいるけれど 天然記念物の指定を解かれた今

私の思うようにするのです!!

Dsc_0060_2 そして 我が家の唯一の HTのバラ プリンセス・ド・モナコがたくさん花をつけて

秋バラの季節の到来 日中の気温も25度になってきた おひさまを求めて屋根の高さに!

Dsc_0080_2 ブラッシュ・ノアゼットも玄関前でたくさんの蕾を!

Dsc_0064_2 シロシキブもたくさんの白い実を・・・

Dsc_0065_2 門の外には入り口にコスモスが自然に生えて咲いていい眺め

となりやしきガーデンではルコウソウがきままに這い登り愉しい景色

Dsc_0055_2 バックはミモザのパープレア

Dsc_0054_2 今 コルチカムがいたるとコで咲いています モグラが球根を転がして!!

そして今日ドラマがありました

Dsc_0088 盛んにナッテクレル イチジクの木の下 採りに行くとこの状態・・・・あわててカメラを!

Dsc_0091 ひこさんも ネットをはずしてやろうとして手を噛まれたと・・・鋭いくちばし

かすみネットにかかったヒヨス (ヒヨドリは農家にとっては害虫)にネコパンチしてはクチバシデ噛まれ・・・飛びのいて こわごわ・・・なすすべなしで この状態

そこに 騒ぎを聞きつけてモネちゃんが・・・

Dsc_0096 2匹になったのを見てヒヨスがキキッと鳴いて暴れました

Dsc_0098 すると モネは脱兎のごとく飛びついて 首根っこを噛んだよう

Dsc_0105 見ていたジャン・・・・なんだそうするのかと・・・・えらそうに ウ~ウと うなり声をあげてモネからヒヨドリを奪い取りました あきれているモネ!!

そして今日 妹のとこのジルが泊まりに来ています

3泊4日の旅行の為・・・信州へ

なんとチャンと言い聞かせたそうで・・・・9時からこの状態 あちらは早寝早起きの家族

Dsc_0003 勝手知ったるジャンの家・・・泊まるのは初めてで心配してた私たちを尻目に・・・

自分で眠る場所はここと・・・

そして妹はモネにも頼んでいたらしく 同じ部屋でちゃんと寝てやっているのです

Dsc_0002 ジルの為に用意したネコベットの中に・・・ジャンと同じ部屋では寝ないモネが・・・

妹の言葉が理解できてる2匹!!ホントでしょうか??

ジャンは2人をほっとらかして2Fのソファーで一休み 夜でていき 朝帰り食事の後いつもお昼までお庭の草の陰で寝るのです!!

秋の華展

Dsc_0032 デパートで開かれている池坊の華展・・・やはり伝統のうったえるものがある

Dsc_0030 一種生けのホトトギス

Dsc_0034 かざいを探しに・・・・我が家の草木も活躍 シャガ

Dsc_0036 トキワマンサクにオクラレウカも・・・

Dsc_0042 伝統の美にあいました

そして NHK・福山のアートギャラリーで開かれている中国新聞の写真展へ!

番人さんの枝垂れ梅・・・うったえる美しさ お二人並んで作品あって感動もの・・・

きれいなものを綺麗に写してもなんてことはない・・・といわれますが私はやはり槍を入れた美しき景色に心が惹かれましたよ~

帰る途中に徳田のあたりでこの景色 

Dsc_0046 真っ赤な夕焼けでした

そしてこんな空が我が家で見れて!

Dsc_0073 西の空 日が沈む頃 秋の空

2012年10月 8日 (月)

旬めぐり 寒露のころ

Dsc_0003 アサリナの勇姿で~す 何メートル登ってる? 花友訪問

Dsc_0004 ロシアンセージ・・・爽やかなブルーのこんなたくさんの茂み!

Dsc_0005 こちらでも テッポウムシが猛威をふるって・・・何本か葉っぱが茶色に・・・・

夏の間は家の中と・・・・な~んにもしなかったと!

でもここの新しきバラは大丈夫・・・たくさんの葉っぱとミセス・ハーバード・スティーブンスが1輪咲いていました

今 やりたいことがいっぱいあると彼女 朝起きてしたいことがあるということは いくら年をとっても気持ちは老いていないということよ・・・と彼女 ただその日に出来ることが前より少ないということは受け入れて!と

お昼からは渋柿で柿渋作り それを防虫防腐にこれらに塗るのと・・・・

昔からの知恵に身体にいい価値を見つけて!

そしてこの景色

Dsc_0026

満開

Dsc_0020 私が戴いて撒いたのと同じ種類

Dsc_0018 コスモスの花の波

Dsc_0008 山があるのがいい景色

Dsc_0006 3Haの広さ・・・・そして 種類は センセーションでした・・・ここで判明

そうかなあ~と思っていた 一番好きだな~この種類

どこかわかりますか?

2012年10月 4日 (木)

コスモス真っ只中

9月27日頃の咲きはじめ

K65 10月4日現在

Kosumosu69_2 満開となりました

稲刈り後の作業がひびいたのでしょう 上手に付き合ってきたつもりの 我が足

悲鳴を上げだして・・・まともに歩けなくなりました

変形性股関節症 進行する病気です 友の会にも入って情報得て 運動療法で無事過ごしてきましたが 年とともに絶えられないと 関節がうったえだしたのです

1年前のレントゲンと比較してもらうと明らかな進行度・・・これぐらい進行してると痛かったでしょう? と医師 いいえ この度とオープンガーデンの後ぐらいでした

このまま この痛みが続くのかと落ち込んでいましたが コスモスの元気な姿に背中を押され

ハサミを持って切花をいたるとコに生けてまわり 野菜たちの成長する姿に手助けをして

ごそごそ動き回り 体重をかけないで出来るストレッチやスイミングで筋力をつけていると このごろ

痛みがひいてきて やはり痛いからとじっとしてては 支える筋力が減って 悪循環になるのだと・・・しかし骨が変形してきてるので 歩き方は変なまま 痛みがなければいいとしよう!

過ごしやすい秋の空気の中 庭の秋の花たちにも元気をもらっています

家の前の眺めです

Dsc_0053 東南の方向・・・・むこうにも見えるはなんまちのコスモス

下は西側隣家の方向

Dsc_0040 そしてもう一箇所

我が家のはなんまち(そういう名の畑)のコスモスの眺め

Dsc_0061 今 稲刈りが急ピッチで進んでいます 晴天の青空の下で!

Dsc_0029 コスモスには青空が一番 とっても愉しい景色

Dsc_0030 菅茶山記念館の斜め前のコスモス畑の所有者の方から(とってもいい色の花)種のついたコスモスごといただいて 乾燥させてそれを撒いたのです

原種帰りはあるものの今年は少々あざやかな花色になっています

たくさんの種を必要とするにはこれがありがたい

Dsc_0023 濃きエンジ色もある!

Dsc_0048 コスモスの品種づくりは進んでいる

Dsc_0041 でもなんでもない 普通のピンクがあるから引き立つ色だと思うのだが・・・・!

コスモス色よがんばって!!

2・3日前から金木犀や銀モクセイの香りが縁側にただよってきています

見上げてやらなくては・・・・

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »