« 霜降の頃を過ぎて | トップページ | 文学ツアー »

2012年11月 1日 (木)

自然からの贈り物

Hosigaki49 自然からのプレゼント 渋柿の西条・・・おひさまの力で甘い干柿になります

池の崖にしがみついて生きてる(道路の拡張工事でげしがなくなり)ど根性柿・・・去年は全然成らなくって 今年は鈴なり・・・・1100個取れました 夜なべ仕事4晩かけて 吊るしました

年と共に大好きになってきた干し柿

いつかNHKで内田アナウンサーと田部井淳子さんが北アルプスの縦走をしていて

フラフラになった内田さんに田部井さんが干柿を差し出して・・・彼が大感激して食べ・・・

力が出て歩きとおした~あのシ~ン・・・共感した

私たちも山にはいつも持っていった!!

偉大なるかな・・・干柿

Kuri7 いつも食べ切れなくて 捨てていた・・・虫が出て差し上げることも出来なくて!

茹でても食べるのは最初のうちだけ・・・後はおしゃか

去年渋皮煮にするとみんな食した

今年はよそに差し上げた残りはすべて夜 鬼皮をむいで渋皮煮 15k以上

コツがわかって・・・固い皮だけザットむげばいいのです

タンサンで10分煮るとツルツル手できれいになるのです

小分けして冷凍庫で保存

イチジクのジャム作りや最近 自然からの贈り物に振り回されて・・・・夜もしんどかったな~

食べる人は・・・手伝うこと・・・家族も巻き込んで出来上がり

秋バラを眺めながら 我が家のカフェテラス(縁側) ティータイムが食すものがいっぱい

苦手だったフレーバーティーもこれらとあって大好きにレモングラスも入れ込んで・・・!干柿と合うのです!!

今年は乾燥注意報が出っぱなし 干柿作りにはもってこい・・・・もう最初のが食せます

Dsc_0094 今日は寒い西風が吹きつけました・・・木枯らしでしょうか?

マイガーデンには沢山の蜘蛛の巣があります この風で彼らのいらぬものが架かって

絵のように!!

Dsc_0099 アンゼラのそばのロサ・ムルガニー・・・たくさんのローズヒップ 色づいて!

これもローズヒップティーに!!

Dsc_0107 しかし 秋バラの季節はまだ愉しめて・・・玄関横のアーチに プロスペリティーが蕾もたくさんに!Dsc_0078 バフ・ビューティも秋色に!

Dsc_0096 ケイトウたちも秋色で謳歌!この高さ・・・

Dsc_0084

ノジギクたちも咲いてきました

Dsc_0067 そして ノコンギクの季節になりました

Jyan53

そして 天高くネコ肥ゆる秋・・・ジャンの体重も重くなり あったかい毛皮は取り合いの日々!!

« 霜降の頃を過ぎて | トップページ | 文学ツアー »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/56020056

この記事へのトラックバック一覧です: 自然からの贈り物:

« 霜降の頃を過ぎて | トップページ | 文学ツアー »