« 旅4 富山へ | トップページ | 旅6 ルイ・イカール美術館 »

2012年12月 9日 (日)

旅5 京都・瑠璃光院

Dsc_0201 富山2日目 日の出前

Dsc_0208 ビルの辺りが雄山 そのだいぶ右に・・・7時10分やっと出てきました

とってもいいお天気 立山連峰も街中でしっかり見れて満足・・・京都へ

Dsc_0212 サンダーバードの中から・・・行きにはなかった比良山系の冠雪を!!

でも今日は最高の青空

京都駅から出町柳 そこから出てる叡山電車で比叡山・八瀬行きで終点まで

Dsc_0333 出迎えてくれた八瀬の紅葉の終り・・・ここから奥は大原に通じる

Dsc_0220 高野川のかたわらを歩いてその瑠璃光院に・・・!

Dsc_0222 途中のもみじの大木を見上げて・・・・

Dsc_0304 散りゆくモミジに秋の終りを感じて

Dsc_0303 なんでも 数寄屋造りだそう 桂離宮・修学院離宮もそう・・・でも見れる機会が!

Dsc_0300 着きました 比叡山のふもと

Dsc_0226 やすらぎの郷・・・八瀬にある 秋と春だけ庭の公開をしてて 数奇屋の中から見る瑠璃の庭を期待して・・・!

Dsc_0229 入るとすぐ路地の庭 山路地の庭 この季節なのに杉苔のうつくしいのに目を愉しませて

Dsc_0233 見上げるモミジDsc_0243 上の比叡山からの伏流水の池泉には・・・水の中の景色

いよいよ数寄屋造りの建物の中へ 全室公開

Dsc_0259 書院二階からの瑠璃の庭 さまざまな条件が整うと瑠璃色に輝く姿をみせてくれるとあり

Dsc_0263 書院の木枠を入れてみる 最盛期の頃の彩りに思いをはせる

二階の書院からは八瀬の山やま360度のパノラマ

一階には本堂があるしこの庭も杉苔のうつくしさが際立って見えた

Dsc_0271 ここのご住職は西洋の美にも通じて・・・・ルイ・イカールのコレクターでもある

瑠璃光院の名にちなんでなんと瑠璃石(ラピスラズリ)のこんなに大きな原石が・・・・

小さい方のをびっくりして見ていると・・・自らこっちに大きいのがあるよと教えてくださって!

Dsc_0279 2つ目の庭  臥龍の庭の上には昇竜のモミジですと・・・わかりますか龍の昇ってる形

もう一つは山門を入ったとこからの山路地の庭 三つの庭を愉しむ

そしてありました

Dsc_0292 お茶室です 手前は茶庵 喜鶴亭がありました ここは入れません

Dsc_0268 大海人皇子(後の天武天皇)の傷を癒したという日本式サウナ

Dsc_0267 そして振り返ればこの景色 最後の紅葉が見れた

Dsc_0296

« 旅4 富山へ | トップページ | 旅6 ルイ・イカール美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/56285127

この記事へのトラックバック一覧です: 旅5 京都・瑠璃光院:

« 旅4 富山へ | トップページ | 旅6 ルイ・イカール美術館 »