« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月24日 (木)

大寒の頃 花暦ツバキ

1月20日の大寒 皮肉なことに この頃から10度近い気温でバラのカット・誘引がはかどった!! 今日24日で一通り終わった♪ でも明日からは又寒気団最高気温が5度だそう・・

そんな中ワビスケやセイオウボ 初嵐が咲き出した しかし今年は遅い 寒さゆえに・・・

Dsc_0006 一子(イチコ)ワビスケ・・・・小さい苗だったのに大きくなったものだ

Dsc_0007

Dsc_0029                   西王母

しかし寒さの中で開花すると茶色に痛んでしまう からだで感じて咲かない知恵はもってないのか?明日から寒波がやってくる

Dsc_0017 その前に済んだ誘引 ・・・ということに・・・・向こうのエゴノキに登っているニュードーン

こちらのカツラの木に登ってるポールズ・ヒマラヤン・ムスクはこのままに♪・・・

さてさて春の景色は?

我が庭は大きな木々のあるガーデンそこに日当たりのイル バラの植栽 彼女たちはお日様求めて上に登るしかなくて 生き残ったバラたちはみ~んな木々に登っていき大きくなってくれました 私はそれが嬉しいのですが・・・・み~んな脚立の上のほうまで登らなくては

でも今年はできました 

Dsc_0002 でも それは落葉樹に限ります 向こうのミモザの木には上がっていきません

賢いバラです

Azumino16 となりやしきガーデンの桃色ゾーン ギザギザの古い枝葉をみ~んなカット ツルットした新しい枝だけ残して・・・ 手前の安曇野は今年は枝を上向き多く 咲いたら下にたれるのです

Azumino57 ’12年6月の姿 冬にこの景色の写真を見ると元気が出ます 

Jyan3 今日のジャン・・・番人さんが撮って送ってくれました♪ かわゆくって親バカ!

2013年1月 5日 (土)

小寒 花暦・トキンイバラの冬葉

Tokinibara20 寒波の中で新年を迎えて・・・今日はもう 二十四節季の小寒 皮肉なことに今日から気温が少し緩んで8度~9度になっていくらしい♪

バラの誘引を始めなくてはと・・・庭を巡るとひときわ綺麗な葉が目に入る

トキンバラの葉が寒さで赤く発色している ナンテンの葉も赤くなるけど・・・気温を感じて変わる植物の姿 冬の庭の点景

Kuriro26 そしてびっくりなことに・・・クリスマスローズが咲いていた

ただいま ツルバラのカット・誘引まっただ中 ホワイト・ドロシー・パーキンス 思いのほかのひだまりで・・・ジャンも付き合い ハサミの軽快な音が遠くまで聞こえるそうな!!

はかどる毎日 

Dsc_0010 1月10日記 

2013年1月 2日 (水)

お正月 花暦・万両

Dsc_0032“ 高さは1mほど。同属のヤブコウジと似ているが、ヤブコウジは高さ10cmほどなので区別ができる。根元から新しい幹を出して株立ちとなる。は縁が波打ち互生する。葉の波状に膨れた部分には共生細菌が詰まった部屋が内部に形成されている。また、葉は光に透かすと黒点が見える。は白色で7月頃に咲き、小枝の先に散形花序をなす。果実は液果で10月頃に赤く熟し、翌年2月頃まで枝に見られる。栽培品種には白や黄色の果実もある。いわゆる古典園芸植物のひとつで、江戸時代には葉が縮れたりした変異個体が選抜されて、多様な品種群が栽培された” wikipcdiaによる

寒波の中の日本列島 の2013年の幕開け・・・・厳しさの年の予感 まあ~精一杯前向きに今年も生きていこう!!

今 庭のいたるとこに マンリヨウの赤い実が寒さの中で輝いている

いつも花活けに使う千両は今年は赤い実をつけてくれなかった いつも重宝してるのになんで~?

Dsc_0002 家の周りの梅ノ木とびわの花やキンカンで・・・いつも咲いてくれるニホンズイセンも今年は蕾のまま生ける

Dsc_0010 今年のナンテンの実はよくついている 日陰よりひなたの方がぎっしりと たくさんの実!

Dsc_0002_2 帰る間際にインフルエンザになり39度の熱が出たみおも31日に帰ってきて

渋滞無く かえってよかったか!食欲もありすっかり治ってお正月

よかったよかった・・・

Photo

お正月のねこたち あけましておめでとう! 

ノラのトラも大事にどこかでされてるらしく ノミトリクビワもされて いつもいい匂いがする

テリトリーでいつも挨拶に来て昼寝と食事をねだる 2日の食事風景 

ジャンが強くトラがおされています 今年もよろしくね ジャンより

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »