« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

穀雨 まさにその日に雨 花暦

Dsc_0014 雑草はとりきれない・・・生えるすきまのない こんな景色を作る しかし・・・ここからは来てはダメという必要あり!!

暑くなったり今日みたいに寒くなったり・・・まったく春の気温は予測できない 特に今年は早いのか遅いのか???チューリップが今咲いてる

中国新聞・ファミリーにも掲載の東中条のチューリップ畑は我が家の近所 今満開

でも・・・私はこんな景色が好き

Dsc_0024 チラホラと・・・!その年の春の気温によって 読めない花の開花時期

Dsc_0011 シロヤマブキがチョウのよう オオデマリの高さに!!下では一重のヤマブキも共生

Dsc_0047 雨にけぶる中でオオバイモドキの景色

中国原産で、ウンナンオウバイとも呼ばれる。常緑性の低木で、花姿はオウバイそっくり。英名はなぜか「ジャパニーズ・ジャスミン」・・・

横でキャロラインジャスミンも

Dsc_0048 白の世界も

Dsc_0025 白のトキワマンサクが花盛り・・・大きくなって 下に出てくるひこばえ取りに追われる

Dsc_0016 ガマズミもガゼボの横で白き花を・・・!

Babasukam20 バーバスカムのこの種類がもう咲いた 黄色のモウズイカのほうはシルバーのビロード毛を広げているだけなのに・・・

Dsc_0021 今年はオダマキをいろいろ入れてみた・・・前も入れた・・・少しは毎年出るけど・・・だんだん消えていく でもつい入れたくなる植物

Dsc_0022 チョット湿り気があり夏は半日陰の場所 毎年出てくる場所

Dsc_0058 穀雨の雨を利用してしろかきが昨日までにできた 24日・記

Dsc_0046 3度も来たこのところの朝の低温で霜がきて苗が少し傷んだので 田植えを少し遅らせる

水を張ったまま いい雨が今日も降る24日 忙中閑あり

ジャガイモも霜で傷んだが・・・大丈夫 下から緑の葉が見える・・・この頃降る雨は万物成長させる雨  

Jyan49 そんな中でのジャンの一こま スズメを追って高い鉢に・・・

Jyan52 元気すぎるボリジといい子のジャンです

2013年4月11日 (木)

卯月 中旬のガーデン

Boriji20

寒気が居座り県北では雪とか・・・
急に寒さの中

咲き急いだ庭の植物たちもスローダウンすればいい!

まだ遅霜の心配がある・・・

そんな中で荒神さんのさくらをバックにブルーやホワイトのボリジがたくさん咲き出した

ボリジがこんなに繁殖率の高い植物だったとは・・・大きな葉っぱで他の花苗の成長を妨げるのは考え物だが・・・愉しい花の形で出来る限り群生させる

今ロードガーデンを席巻

Konnronnsou29 思わぬ気温で咲き急いでくる花たち・・・コンロンソウも地下茎であっという間に群生

白い可愛い景色を創る 毎年元気で出てくれるこういうのがいい!

Dsc_0048 ハナニラもそう・・・今ひかりの中で 元気いっぱい♪

Dsc_0009 そしてイカリソウの造形芸術・・・どうしてそんな複雑な形ができるの? でも素敵よ・・・!

その向こうではまだ

Dsc_0014 この景色が愉しく・・・・まったく 優れもののヘレボです

Dsc_0040 そのヘレボの上では 息子の小学校入学記念のマグノリアが・・・・

離れの前では

Dsc_0042 めざす高校に合格した♪ 美桜2歳の時 お手植えの・・・ワダスメモリーが今咲いてる

フロントでは

Dsc_0038 ニオイガマズミが見上げる高さになって・・・いいかおり

バラたちも緑の葉を展開し・・・ゾウムシも・・・葉にも穴が・・・で今朝2回目のニームオイル

問題発生時の180倍5リットルで30cc・・・1回目は500倍でしたが・・・効果は??だったので・・・同時に液に木酢1000倍 EM菌1000倍 HB101チョロット 光合成細菌(EM7)菌の黒汁とかもこの光合成細菌のこと?さすがバラの町福山 ユーホーで売ってた・・・そして 焼酎にニンニク 唐辛子を漬け込んだものを300倍で・・・・展着液は液体石鹸をチョロット・・・・撒布・・・これで春の開花を待つ

Dsc_0032 となりやしきではミモザが輝きをなくしてきたので花後の花穂の剪定をした

Fさんは軸だけにカットしてたが・・・大丈夫よすぐ芽を吹くからと・・・この木は高さの管理が必要だなあ~

高さといえばこのカツラの木もそう・・・どうしょう・・・今ステキな色でハートの形の若葉を展開中♪

八十八夜の霜別れはもう少しのいま!!

2013年4月 6日 (土)

桃源郷のお庭

Uda240_2 つづらおりの道を・・・ところどころに退避場所はあるのだが・・・とっても長く登ったように・・

その登りつめた集落は みなさん花が好きなんですよと・・・今は桜の花が真っ盛り まさに桃源郷!!来る道すがらも桜の老木がいたるとこに・・・庄川沿いに高山から日本海まで桜の木を植え続けたあのバスの車掌さんを思い起こす

でも皆さんお年を召して手が入らなく・・・テングス病におかされて道すがらの木は元気がないのでスト・・・でもこの景色

Uda244 招いてくださったお庭の端からの眺め 澄んで晴れた日は四国山脈が見渡せるとか・・・

明日7日この集落でさくら祭りが行われるとか・・・青年団による・・・ここは府中から右手に登る山の上 たしか上に田を書く うだですとおっしゃたような? そうか山の上に田んぼがあるところ♪//・・・いえ間違いを訂正 上に山 上山・・・うやま でした ごめんなさい!

びっくりの世界でした

Dsc_0216 お庭というよりも斜面の一つの広がりのある眺め・・・いったいこの斜面に何本のさくらの木があるのでしょう! それも大木が・・・でも斜面ゆえにおひさまは下の植物にもしっかり光りをくれる・・・西日はさえぎる東面 なんということでしょう!!

Dsc_0218 車をとめて降りた目に飛び込んできた景色・・・・うちのクリスマスローズは原種ばかりとご主人 20年前から入れてると・・・!群落の姿

Dsc_0209 石の間にも育った子苗がいっぱい・・・そしてここもイノシシよけが・・・はい でもさくをめぐらせてOKとか・・・

Dsc_0213_2

バラのアーチも・・・まだ連続アーチもある道あり

Dsc_0219 車には靴もいろいろ今ヒールがあるのだけどどれで行こう?・・・個人の別荘だからそんなに広くない?いえいえ・・・まだ上があるけど・・・止めとこうね~とご主人 けっきよくヒールで来た花友 大丈夫だったかな~

Dsc_0238 さくらも早いカワズ桜や濃き色のしだれモモあり  そうだ10月桜も満開で・・・なぞが解けました 10月桜は年3回咲くそうです 海外でも人気で改良されて帰って来た品種も

Dsc_0228 これがそう! 10月桜より少し大きめの花 色も少しピンクが出てる

Dsc_0223 何かを始めるのは50代からでないと 今70になったとおっしゃるご主人仕事に行く前の2時間で20年かけてこの様に・・・奥様もご一緒にお仕事も・・・

夢はかなうものです♪

Dsc_0245 入り口前のこの石も100年経った物で3分の1は下に埋まってる・・・みんな下から持ってあがったと・・・風化してコケもついて斜面でクリローの表情が愉しい そうだケヤキはこんなに大きくなるのです

ケヤキを大きく出来る空間

友の持って伺った花束

Dsc_0239 あんなにたくさんのクリローの中でも美しく喜んでくださってた・・・・

私はめざすクリスマスローズの景色にまた出会えた♪・・・

Dsc_0247 この窓辺に置いてあるベットから目覚めて外の景色を眺めるのがとってもうれしいのです・・・とおっしゃって案内してくださった奥様

わ~そうですね~とみんな納得・・・どうぞこの景色を・・・・春夏秋冬 日々変わることでしょう 永遠なれ・・・桃源郷

ほんとうに ありがとうございました!!

2013年4月 5日 (金)

清明の頃・・さくら

Dsc_0051 岩城島・積善山からの 桜の眺め 4月3日 前日の雨もあがり 強い風に黄砂もガスも吹き飛ばされて 雲の間から真っ青な空と 標高370Mの山頂ではひんやりとした空気の中で

満開のソメイヨシノ三千本の連なりと私の好きな山桜も素敵な彩で・・・眺めることが出来

なんだか歴史のある島らしいのとそれにあやかった 菰隠(こもがくし)温泉・・・源泉かけ流し

があるのを見つけて泊りがけでゆっくり・・・・♪ 芸予諸島の多島美・

頂上の展望

Santyou41

Dsc_0039 この岩城島は昔から四国松山藩・・・愛媛県なのだ・・・遠くだと思ったが しまなみ海道のおかげでなんと家から1時間半 ホテルもあるのです 左側の建物

写真を撮ってる私の横で大きなビデオカメラを肩にまわしてる若い男性がいた

頂上下の駐車場にTV愛媛の車があった

広島県・生口島側より 今治側の岩城港にこの島の生活圏はある 

お祭りのとき以外は車で山頂に上がれるそうで・・・しかし6kの道を山登りの姿で多くの人が歩いてる

足の弱くなった私 でも下りは歩いて桜を愉しんだ

Dsc_0115 やはり山は歩くに限る・・・その速度でものを見る・・発見が!

Dsc_0118 山桜も大きく・・・山肌のいたるところに咲いて・・・・エンジの若葉も一緒に出て交配して白い色もあり

Dsc_0121 まだ花びらも散らない しっかり咲いて!

Dsc_0035

Dsc_0179 竹の秋と山桜たち

Dsc_0180 吉野のさくらを思い出す

そして途中でこの島で採れた・・せとか・・・最後まで木に成らしてと・・・とっても甘い

Dsc_0030 デコポンも・・・でも私はせとかの方が好き たくさん買った 市価の半額以下この山に登る人の為に生産組合がサービスしているとか・・・いろいろ聞いて特別にサービスあり♪ 

 この反対側にパラグライダーの基地があった なんでも発祥の地だそうだ

そして登る時車をひこさん止めてくれなくて・・・ここを目指して・・びっくりしたこの群落

Dsc_0158 ひ~ろいミモザのひろがり・・・いったいどうしてこんなに・・・青と黄色と桜色に感動!

Dsc_0173とっても愉しい眺め・・・反対側にはミツバツツジもそこここに濃きピンクの色を・・・

ヤブツバキもあり・・・しかし舗装された道はクッションがなく関節に悪いダブルストックでおぎなう

間には散策山道もあり!こちらがいい・・・

降りてこの島の歴史散策

Dsc_0186 松山藩の島本陣・・・三浦家のお庭 18代当主は 若山牧水 吉井勇との交流その足跡も・・・家の中は郷土館に・・・出るとそこに神明の里と書いてある電動自転車が2台・・・

後からの中年のご夫妻らしき・・・は三原から??Dsc_0190 金閣銀閣と同じ頃500年前のお堂とか・・・祥雲寺

Dsc_0204 岩城港そばの亀山城跡  私達が着いたのは反対側の小漕港 岩城港側に役場や民宿もお店も・・・ある

Dsc_0197_2 お寺の場所を教えてもらったモダンなおうちの花壇 毎年出てくるお花だそう・・・

いい色のビオラが~草取り中の奥様と話す

そしてこのレモンの木がず~とあるのです

Dsc_0182 レモンが手を伸ばせがすぐ取れるとこにいっぱい成ってた・・・というとみんながそんなことはない・・・温室栽培だろうと・・・いいえ

Remon182 ほら・・・露地の木にですよ ・・・・ そうか柚子のように取り切れないで・・・のゆえか?

いえ それにしても いちめんのそこらじゅうの畑に レモンが???どういうことでしょう

そういえば特産品売り場で買って帰った袋を見ると・・・ハウスレモンと・・・書いてある???

菰(こも)に包まれた仏像がこの地に流れ着いたといういわれから 菰隠温泉

しおかっらい温泉でしたがとってもいい温泉だそうでツルツルにそのまま上がり

夜には土地の人もたくさん入りに来てました♪・・・

2013年4月 2日 (火)

4月1日 新年度の頃の花暦

Dsc_0072 3月に急に暑い日が何日かあって こちらの桜は平年並み・・・家の横の荒神さんの桜が咲いてきました

池の土手にいらないスイセンの球根を埋めたのは何年前? 今花盛り♪

Suisen84 ナルシスさんとこからの アイスフォリスもモグラが球根をころがしてあちこちに増えています

Dsc_0011 スノーフレークもよく増えて・・・こんどは落葉樹の下にクリローと共に植えてみよう

Dsc_0005 ロードガーデンは今スイセン花盛り♪

Dsc_0076 春はスミレの季節・・・このF1ソルベYTT タキイから種を・・・1袋全部の苗が今花盛り

白から変化するのですが・・・・ずっとこれでは少々飽きたかな・・・中心の表情がすきなのだが!

Dsc_0068 はい チューリップ 植えっぱなしで~す 紫のはまだのよう ヒメオドリコソウの群れの中から・・・

Dsc_0010 ハナニラもあちこちで顔をだして咲いています

Dsc_0057 ムスカリの青

Dsc_0043 今 ここの景色が愉しいのです

Dsc_0046 まったく 花冷えのこの頃・・・でも低い気温ではなもちよく長く愉しめて・・・

Dsc_0051 レンギョウも長くまだきれい・・・

Dsc_0053

ミモザも満開・・・花後カットの必要あり・・・

Dsc_0055 横に植えた十月桜がなんでか今咲いている???

Dsc_0015 4月下旬に田植えの苗代も出来て・・・水管理の日々・・・向こうのミズナや小松菜の菜の花のおひたしの美味しかった事 おととい引き込んだ 今はつくしを毎日摘んで旬をいただく・・・そうだセリとつくしの煮物のおいしさ!!

手前では

Yukiyanag ユキヤナギが風にそよいで・・・・春らんまん

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »