« 水無月の京 | トップページ | ハンゲショウの頃・花暦 »

2013年6月28日 (金)

ガーデンミュージアム比叡

Suiren164 2日目 の京

出町柳・・・最近はこの駅によく来るな~ ここから出る叡山電鉄で終点まで行き少し歩いて・・・そうだ近くに瑠璃光院もある 鞍馬山もこの電車

比叡山に登るケーブルに乗って9分ロープウェイに乗り換えて3分・・・そこは標高800Mの地

空気の冷たさと風の強さに同じ京とは思えぬ空間

そこに広がる印象派画家の陶板展示とその時代のオールドローズたち

今が見頃との情報で・・・しかしあまり期待はしないできた

この景色に出会い 木々も随分と育ってて開園10年近いはず・・・愉しめた

“はるか、びわ湖・京都を望む「ガーデンミュージアム比叡」。標高840mの山上に位置するこの庭園には、モネをはじめ、ルノワールやセザンヌ、ゴッホが夢見た自然の風景が再現されています。 咲き誇る花々に囲まれた、印象派画家たちの美しい作品。自然を歌いあげるように描かれたその色彩 は、私たちの心を不思議と癒してくれます。 空に近いこの庭園で、ゆったりと心地よい時間をお過ごしください。”とネットに出ている

Suiren162 平地では5月の終わりごろの景色なのだろう けぶるスイレンと太鼓橋の姿

ひこさんが “なんだ 高知の北川村のモネの庭だ”いえいえあなた・・・ジベルニーのモネの庭よと私 ホントの景色を見ていない私達 悲しいかな!

雨も小雨になって 霧の景色 それがいい

Dsc_0172 コウホネのオレンジ色もあるのだ わが池のコウホネはスイレンに駆逐されてるな~

Dsc_0179 花ショウブも池のほとりに・・・・対岸の草つきのげしの姿もいいなあ~

Monetobara188 庭に入るとすぐ薔薇の景色カミーユとジャンのこの絵がすぐ眼に飛び込んできた

いいな~この植栽・・・薔薇の見ごろ♪

バラのソムリエのあの小山内健さんがきのうこの地でお昼2時からレクチャーがあったのにあわせて来たのに 昨日は山崎に1日かけてしまい 間に合わなかったのだ

まあいいのだ!!

Dsc_0192 ガーランドに添わせて ローズマリービオードも!

Dsc_0204 ウイリアム・ロブも!

Dsc_0198 ガーランドに絡まってるのは遅く咲く薔薇・・・キューランブラー もこんなに咲いてる

Dsc_0202 後ろ側にはホスタの小径

Dsc_0190 ここから眺める琵琶湖の景色はまた今度 比叡山一帯をゆっくりあるこう

Hemero183 草原の中にヘメロカリスの黄色の群生 薔薇とこの花が一緒に咲くのは高地ゆえ・・・早いものも遅いものも凝縮されて♪

Dsc_0152 ルピナスは盛りを過ぎていたが・・・このみどりがいい

Dsc_0145

きちっとしたボーダーもありました ダンチクのあわせかた♪繰り返しの妙・・・

Dsc_0141 このアエボコディユーム(フイリミツバ)・・・ここでも活躍 山中湖のガーデンでも元気で繁殖 寒さに強いんだ♪

Dsc_0140

ロングアーチもあってホント ジベルニーのモネの庭を模してる心が伝わる

坂本側にある香りの庭までは降りていかなかった・・・ラベンダーがあるらしい

まあいいか・・・天気のいい今度にゆずることにしょう

ポイントで愉しんだ水無月の京でした

なが~い写真の羅列見てくださり ありがとうございました

« 水無月の京 | トップページ | ハンゲショウの頃・花暦 »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/57681864

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデンミュージアム比叡:

« 水無月の京 | トップページ | ハンゲショウの頃・花暦 »