« 土用のころの花暦 | トップページ | 酷暑の夏の庭 »

2013年7月22日 (月)

大暑の頃の花暦

Dsc_0002 連日34度の真夏の太陽の照り返し・・・・いつもならやっと梅雨明けの頃なのに・・・

今年はどれぐらい続くのだろう 酷暑の日々

しかしである バラたちはいたって元気 2・3日前からいっきに咲いてきた たくさんの花

紅梅の木の上ではマダム・アルフレット・キャリエルが太陽に向かって白く・・・びっくり

朝 咲いてる花を摘んで歩く 水切りをしたボールの中にそのままで様になってる!!

Dsc_0003 前の池の土手ではマーメイドが薄い黄色に・・・一重でのびのびと・・・涼しく入れて愉しむ

1月にSさんから戴いた挿し穂 数ある中でもう蕾が・・・何かわからないので1つだけ蕾をつけさせてカット

Dsc_0133 この状態で・・・・

Dsc_0005 咲きました ツル・デンティベス・・・でした このバラは好きで最初頃入れたバラ・・・♪

Dsc_0011 そして 食べきれない夏野菜の収穫・・・・しかしナスだけは不作・・・なぜか・・・水やけ

トウモロコシも1っポンだけおいしく食べて・・・遊びにいってる日にイノシシが入ってみんな倒して食べられて・・・柵を補強して・・・残り物を食べる日々 一番おいしいものを知っていた

Dsc_0013 果物ではイチジクとスイカが旬 これも鳥たちとのせめぎあい・・・・

イチジクも冬 枝を途中で切らないで 枝抜きの感じで日陰にナル中を向いた枝だけを枝元からカット そうすると7月からの夏果が食せる

今でも中の日陰の枝は抜いた方が日が当たる果実が充実・・・熟れてくれるそうである!

口をあけないけど とってもあまい 下はブラウン・ターキー 上の3個はニホンイチジク

夏果は口をあけないそう・・・秋より大きく甘い♪

採ってるとイチジクの幹からポトッと何か落ちた・・・もしかして・・・と下を捜す

Dsc_0018 にっくき カミキリムシ・・・バラに来るのは白い斑点がある・・・この種類とは違う

Taisyo7 バラの根元も気をつけなくては・・・今朝も玄関先のブラッシュノアゼットの幹にのこくずが出てるのを発見・・・処置をした!!

« 土用のころの花暦 | トップページ | 酷暑の夏の庭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/57843658

この記事へのトラックバック一覧です: 大暑の頃の花暦:

« 土用のころの花暦 | トップページ | 酷暑の夏の庭 »