« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

二百十日 台風が来た!!

Dsc_0022 台風がやってきた 今日直撃の予定が・・・熱低になって 前線が日本列島を覆ってる

被害がなければ・・・おととい県の職員ですがと裏山の調査に来た 崖があるので・・・と

今県全域を・・・高さの計測をしていた 古墳があるので崩れたことはない・・・それはこのご時勢わかりませんよと・・・秋空を希望して・・・ナツズイセン リコリスの季節

Ine6 早く植えた稲・・・もう 熟れ色がつきだして よそより早い・・・イノシシも目ざとく堂の谷の方にも出だして 防除に追われる もう集落で考える状態だ 今までこんなことはないことだった!

ホームセンターユーホーでもスゴイ速度でイノシシ関連が出ている・・・と!

遊びにいこうとの計画も頓挫 堂の谷の田もワイヤーメッシュの金網で覆う・・・でも出来た

となりやしきにも何回か入ったが・・・・前伺った 山中湖のひと時をOGされてるガーデンの方がこうかいていらっしゃるTukaharatei203

 コメント有難うございます
どちらに居られるのか分かりませんが
バラ アジサイ 百合 鹿に食べられてしまう悩み
もはや怒り心頭ですね
鹿と知恵比べです 何回も入られてその習性を知り
あきらめるまで手を抜かないことです
百合の球根は猪です コンクリート用のネットを
庭周辺に張った行けば防げます
鹿は助走と着地のスペースがあれば飛び越します
紐や針金は引っ張ってきります
ロープを持ち上げて間から入ります
バラぐらいのとげは平気です
毎日周りは通っていますが今はあきらめています
それでも1週間もあけるとよくよく観察して
穴場を見つけますので又対策です
ただ逃げる口を確保しておくようなので
それがないと入らないようです
気を強く持って対策すればどうにかなる相手です

私達は今 おりの中で花を楽しんでいます
お近くでしたら庭を見においで下さい
がんばってみてください”     許可を得て転載・・・そう・・コンクリート用ワイヤーネットなのだ!

それにさび止め塗装をしてると・・・

Dsc_0027 くじけそうになる心に 自然からの景色のプレゼント 塀の上にヨウシュヤマゴボウが乗り出して・・・秋の景色を!春はヤマブキが黄色い花をせり出してた場所

私は何にもしていません  元気を出せと自然からのプレゼント

でもこの植物は外来種で 全草毒性を持っていると  くわばらくわばら 床の間に生けてたことも・・・その器の水を好んで飲むモネやジャンたち・・・!

Dsc_0062 彼らも雨の日の今日は1日家の中

Dsc_0019 秋バラの為にボカシや堆肥を置いてやらなければ・・・でも外は雨 読書の時間

「ジヴェルニーの食卓」原田マハ著書この前日曜美術館でも解説してた彼女 再放送

9月1日の日曜美術館で 安野光雅の皇居の花たち・・・西洋の庭とは違った日本の四季がここにはあるのですと・・・よかった~レンゲソウにサンシュユにノコンギクにユウスゲに枯れススキ・・・心をうつ 彼の絵 

でもこの自然をここで保つには たくさんの努力がいるのです とのこと・・・

そうだろう 生き物だもの♪ でも代々の天皇さんはとっても愛されているのでと解説

フェリスバイドが咲いている 好きで3株あるな~ 早く大きくな~れ!!

Dsc_0045 ヒオウギの季節

2013年8月22日 (木)

8月23日 処暑の頃の花暦

Nobotan13 二十四節気の一つで、暑さが峠を越えて後退し始める頃・・・・お盆を過ぎても36度の暑さ

しかし いつかは秋が来てくれる 

明日は前線が下りて来るそうな・・・待たれる適度な雨

スイカもツルに元気なくなり みんな収穫 秋野菜用にトラクターで耕して雨を待つ

まず最初に撒くのは・・・黒田5寸ニンジン 種を買ってきて待っている

ビオラのタネを今日撒いた・・・そして冷房の効いた部屋に置いた♪

それはタキイの限定販売 “F1ビビ・ヘブンリーブルー” と“F1ソルベ・ピンクウイング”

何年もソルベYTTを愉しんだが・・・今年は変えてみたのだ

Dsc_0002 ほらね♪農業用冷蔵庫に入りきれませ~ん この暑さに水代わり・・・・!

コッコもとっても喜ぶのです

Dsc_0011 前庭ではホワイトのチカラシバが風に揺れて・・・となりやしきは・・・ほったらかし 水もやってなくて・・・カツラの葉がチジレてて心配 

Dsc_0026 植えた覚えもないとこから・・・ステキに門の横から・・・何個も咲いてくれて タカサゴユリ

Dsc_0036 蔵の前にはノボタンの花が似合います

Dsc_0046 その下では黄色の花

Dsc_0044 見上げる空に・・・飛行機雲

2013年8月16日 (金)

夏休み 3

Dsc_0118 着いた出雲大社の駐車場 この暑いのに各地から一杯の車 ナンバーを見るのがおもしろい

「平成の大遷宮 60年ぶり 今よみがえりの時」 だからか・・・たくさんの人にびっくり!

Dsc_0114_2

みおも大いなる願い事があるそうで・・・暑いのに子供たちはとっても元気 ついていけない!

姪の和子ちゃんがここで結婚式を挙げて以来だな~と・・・

途中のお社で拝む若い人達ハイレイの仕方をよく知ってるのにはびっくり

「二礼・四拍手・一礼」 キチンとしてる

お参りはみんなに任せて私たちは冷房の効いてる博物館に入る

島根県立 古代出雲歴史博物館

Dsc_0120 2000年に出土した本殿の巨大柱

Dsc_0123 道路の改修作業のとき出てきて話題になったあの銅矛がここに・・・圧倒されて!

Dsc_0124 銅鐸もたくさんの数

Dsc_0122 それに描かれている この模様 鹿とイノシシ との説明が・・・・なんと古墳時代から

しっかりと描かれて 21世紀の今 彼たちも進化して人間との共生が危ぶまれている

汗をびっしょりかいたみんな 近くの 日本三美人の湯 「湯の川温泉郷」 割烹温泉ゆらり・・・源泉掛け流し・・・・とってもいい湯だった

今はスマホ・・・旅先でいくらでもネットで情報が得られて・・・これからは携帯よりもこれに♪

来た道は東城からおろちループを通り出雲の足立美術館へ3時間

帰りは開通した高速道路で出雲・・・世羅~尾道北(御調)から帰る・・・始めて通った 途中に高野の道の駅もあった 同じ3時間・・・パパが言った この高速・・・ホントにいる道かな~下に在来道は一杯ある・・・と お金を払って地元の人は乗らないよと・・・そうだよね~

同じ3時間!!!

2013年8月15日 (木)

夏休み 2

Dsc_0066 宍道湖から出雲に行く途中に すぐ・・・松江イングリッシュガーデンがある

暑いけど 朝だから頼み込んで寄ってもらう♪思わぬよかった!

前 ルイス&ティファニーガーデンだったときに来たのだが 土地の関係で入り口が反対側になってて 変わっていた

Dsc_0067 入り口でサルスベリが今を盛りに出迎えてくれた

Dsc_0070 一重のバラもそこかしこに咲いている

Dsc_0069

 はじめてみたアプリコットのスイレンの花

Dsc_0076 ギボウシも元気でたくさんの種類が・・・

Dsc_0079 名前は? 四季咲きらしい一重のにぎやかなバラ

Dsc_0085 フジの下にニュードーンの元気な葉 ところどころにピンクの花がチラホラ咲いてた

Dsc_0091 ガゼボの向こうは宍道湖・・・・いい眺めだが・・・松江もなにせ暑い!!

Dsc_0092 でも・・・バラも咲いてる イングリッシュガーデン 冷房の効いた回廊から眺める

Dsc_0095 室内空間ではこの後11時から結婚式もあるらしい

ギボウシ展やここの写真展 なんだか子供向けにエジソン展も・・・盛りだくさん

寄ってよか~た~

いざ出雲大社へ~

Dsc_0110 行く道すがら・・・街路樹がなんとサルスベリ・・・種類の違いを愉しむ

しかし街路樹がサルスベリ めずらしか~!今の季節にぴったり

2013年8月14日 (水)

夏休み 1

Dsc_0002 今年のパパたちのお盆休みはいいカレンダーで9日の夜中に帰って来た

18日までの休み しかし成長した子供たちは予定が多く・・・残念がるママと私

行きたいとこに行って帰ってしまう

それは 足立美術館となぜか?出雲大社だった!!

Dsc_0020 「庭園もまた一幅の絵画である」 涼しき中から見つめる暑さに元気な緑

Dsc_0015 世界が認めた庭園・・・’13ミシュランガイドでも最高の三ッ星・・・とっても手が入ってる

私達も久しぶり・・・・いつの間にか新館も出来ていた 今日は高校生以下学生は無料♪

横山大観のたくさんの作品 今のテーマは“涼” そして新館では

Dsc_0129

グットタイミングたくさんの・・・・この椿の鉢も実物を・・・30cmもの大きさとは知らなかった

Dsc_0032 本当にそうだと・・・・本物志向

意味が違うかもしれないがこの美術館の中の喫茶室・・・千円のコーヒーやあずきの抹茶ラテェの美味しかったこと♪軽食も・・・

この時期どこも満室 ぎりぎり取れた宿に向かう

Dsc_0037 そこは宍道湖が目の前・・・宍道湖温泉 たくさんの車のナンバー全国各地から

Dsc_0040 部屋からの宍道湖 夜は湖の砂場で花火も出来た

2013年8月 7日 (水)

立秋・・・とは名ばかりの‘13夏

返り咲きのクレマチス・ビオラKurema38月7日 秋立ちぬ・・・しかし 今は夏・・・今まで不安定な低気圧もやってきて・・・今日から安定した??35度の1週間だそうである

涼を求めてドライブがてら・・・中国山地のグリーンシャワーをあびながら冷房を切り緑の風の中を・・・ガラス工芸展の開かれてる ベンガラの吹屋 西江邸

今はベンガラ ルネッサンス The Nishie・・・18代目の奥様 薫子さんは岡山でローズガーデンを作られててオープンガーデン・岡山イエローブックの会員 でいらしたころにおうちにも伺いわが庭にもいらしてくださって

何年か前この地に帰られたと・・・聞いていた

むかし西江邸見学の時はおばあさまがいらして 庭に1株バラが・・・品種を聞いたらわからないけどずっと昔からここにあるバラです 

“うちの嫁は岡山でバラを一杯植えているの 私の使ってる こうもりの糞の肥料を持って帰るのよ”と・・・お聞きしたことをお会いした時お伝えしたら・・・・あああそこにあるバラは“オールド・ブラッシュですとおっしゃって・・・♪

日本に中国から古くから入って来たバラ!別名・月季花・・・この四季咲き性がヨーロッパに渡って・・・

成羽に帰られて・・・あの西江邸もバラが入ってるのか・・・と

おりしもローハベンガラを使った有松啓介氏のガラス工芸展・・・以前岡山のおうちでもされてる時も行って・・・ステキな淡いグリーンの色が出てるグラスにひかれて・・・・

Dsc_0038 おお・・・昔のままの姿・・・さつきの玉作り

下から300mの坂を上がる上り口に

Dsc_0035 キツネノカミソリの群落

Dsc_0036 登り口の大木に作品展の案内 片側の長く続く石垣に緑のコケが・・・涼しい風で

汗もでない気温 あと50mとの表示のとこに趣のあるアイアンの椅子

そして お元気でいらっしゃった薫子さん 黒の麻のはおりもの 前の雰囲気のままの彼女

入り口でキキョウがブルーで迎えてくれて あのオールドブラッシュも塊りの古株から細いシュートを何本もヒョロヒョロ立ち上げて生きていた 20年?も前に会ったバラ

岡山の薔薇館は“薔薇の好きな方に売ってください”と手放したんですよと・・・

今3本だけこの下のサツキのとこに植えています・・・今は夏だから チョット見えないと・・・

“まだ無農薬でやってらっしゃるの?”聞かれて・・・♪ 彼女は今facebookで発信してると

そうか薔薇はこの庄屋やしきには似あわないか・・・薔薇をベンガラの知識に置き換えて

ベンガラへの愛が伝わってきた その

歴史から詳しく説明 江戸のナノテクノロジー「ローハベンガラ」・・・その特徴の中で心に響いたのは③強い対光性 ④木部保護・・・今安価で流通してる工業用酸化鉄より鮮やかな赤

光にも強い・・・防腐防虫 国宝・文化財には今もベンガラを・・・!

戦後27年に建てた我が家も離れもみんなベンガラ・・・・子供心にみんなで塗った思いがある 今では廊下も階段もいい色に変化している・・・あの頃は防腐・防虫には柿渋かベンガラしかなかったそうである

そうだ あのベネシアさんも今使っていた  日本の文化なのだ

Dsc_0039 裏庭にはウバユリがここの夏を謳歌して!

ベンガラに欠かせないローハ緑青色の結晶・・・を使ってガラス工芸

たくさんの作品が屋敷内に・・・・即売でもある

Dsc_0047 何点か・・・雲母も組み込まれてきらめいて・・・・さっそく置いてみる

R313を走ってると

Dsc_0040 こんな姿にも会えて・・・

帰りに廻ったかけ流しの真賀温泉 とっても大好きな湯 1時間入ってツルツルになる

土地の人が多い ひこさんが話をした和気町の方がイノシシ除けを町が山まわりを全部囲って解決した・・・黒字の財政だから出来た・・・と聞く・・・いいな~

この人はコンサルタントで神辺のフジグランの辺りもよくご存知 近くに来たら真賀温泉に寄るのです 勝山の銀行に勤めていた時からいつも来てたと この温泉の良さを♪待合室で・・・私と同級生でした

帰り始めた落合あたりで いままで経験したことのない雨・・・前が見えない・・・にあった

こわかった 高梁で抜けることが出来た くわばらくわばら!!

帰るとTVが津山が大変と放送していた

2013年8月 3日 (土)

八朔の頃の花暦

Dsc_0008 この夏は異常気象・・・いや 近年はいつもそう言ってる 昔は7月終りから8月初めは晴天の日々 アルプスに安心して登れる安定した天気のはず

しかしピンポイントで襲う“これまでに経験のないような大雨” 豪雨の被害に目を覆う 

天気予報から目を離せない日々だった 長野の方もよく降って 中央アルプスでは低体温症で不幸なことも起きた

我が家はすぐの裏山に古墳がある・・・・ということは・・・この辺りの山は崩れたことはない?

いやいや過信は禁物   しかしこの変な豪雨はこの辺りはほどよいお湿りで済んでくれた

植物たちはすこやかに・・・・草たちも すごい勢い お手上げである

来週は雨雲が去って35度の暑さが居座るとか・・・

暑さを逃れて映画館 木村秋則さんの“奇跡のりんご”を遅ればせながら見に行った

結論は山の自然の土に学べ・・・草も取るべきではない その下の微生物の循環・・・

私も夏草は作らないとこは茂ったままにしておこう 裸土より豊かな土になるのだ

品種改良で何度も掛け合わせて・・・弱くなってるりんごの木・・・無農薬では奇跡なんだ

それで出来たすばらしき味 今では1個1000円でも?手に入らない?

バラも掛け合わせで弱くなって・・・だからオールドローズ(古い)には強さがある

そんな中でクレマチスたちがなんだか一斉に花をつけてきた

上のこれはパコダ

Dsc_0023 花色の変化する ミケリテ!

Dsc_0044 春ほどではないが門の前でブルースプライト

Dsc_0051 玄関前で・・・ビクター・ヒューゴ

Dsc_0001 ロウグチも・・・

となりやしきではジャックマニーのビオラがたくさん咲いていた

このところイノシシに3回も入られて・・・柵のイタチゴッコ・・・下の畑から跳んで上がってるのを確認 市役所も来てくれて指導してくれた

池の下の野菜畑だが 最初はトウモロコシ 次はミミズを求めてショウガやオクラをひっくり返し 植えなおすと今度は近くのカボチャ・・・植えなおしたものをまた返す

ミミズを食すのだ 今まで来たこともないとこにも今年は出没・・・そういえば新聞に宮島にも・・・と出ていたな~

役所の持ってきたパンフにはイノシシとの共生・・・をとか書かれていたけど・・・なにおかいわんや!!である 電気柵も鼻に当たらないとダメ 飛び越えたらアウト毛は感電しないそう それより柵だ~

農債が費用の1~2割の負担をしてくれることを発見・・・手続きをする♪

やる気をなくす心を慰めてくれる花たち!!

Dsc_0025 バラもいっときより減ったけど ガートルード・ジェキル

Dsc_0035 トウテイランも咲いてきた

Dsc_0020 あら~生きてたのね~と見つめてやる・・・宿根スイトピー

Dsc_0003 1階の屋根まで高く咲いてる・・・アブチロン

Dsc_0026 暑き空に・・・カツラの葉の美しさに感じて!

Dsc_0005 白のサルスベリもお日さまもとめて大きくなった

Dsc_0047 旬の果物・・・・スイカの収穫 チョウ大物の1つをUP・・・スイカは豊作甘いのだ♪

Dsc_0049 いただきもののモモも 甘くて 水分の多い果物が・・・夏痩せができませ~ん!!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »