« 酷暑の夏の庭 | トップページ | 立秋・・・とは名ばかりの‘13夏 »

2013年8月 3日 (土)

八朔の頃の花暦

Dsc_0008 この夏は異常気象・・・いや 近年はいつもそう言ってる 昔は7月終りから8月初めは晴天の日々 アルプスに安心して登れる安定した天気のはず

しかしピンポイントで襲う“これまでに経験のないような大雨” 豪雨の被害に目を覆う 

天気予報から目を離せない日々だった 長野の方もよく降って 中央アルプスでは低体温症で不幸なことも起きた

我が家はすぐの裏山に古墳がある・・・・ということは・・・この辺りの山は崩れたことはない?

いやいや過信は禁物   しかしこの変な豪雨はこの辺りはほどよいお湿りで済んでくれた

植物たちはすこやかに・・・・草たちも すごい勢い お手上げである

来週は雨雲が去って35度の暑さが居座るとか・・・

暑さを逃れて映画館 木村秋則さんの“奇跡のりんご”を遅ればせながら見に行った

結論は山の自然の土に学べ・・・草も取るべきではない その下の微生物の循環・・・

私も夏草は作らないとこは茂ったままにしておこう 裸土より豊かな土になるのだ

品種改良で何度も掛け合わせて・・・弱くなってるりんごの木・・・無農薬では奇跡なんだ

それで出来たすばらしき味 今では1個1000円でも?手に入らない?

バラも掛け合わせで弱くなって・・・だからオールドローズ(古い)には強さがある

そんな中でクレマチスたちがなんだか一斉に花をつけてきた

上のこれはパコダ

Dsc_0023 花色の変化する ミケリテ!

Dsc_0044 春ほどではないが門の前でブルースプライト

Dsc_0051 玄関前で・・・ビクター・ヒューゴ

Dsc_0001 ロウグチも・・・

となりやしきではジャックマニーのビオラがたくさん咲いていた

このところイノシシに3回も入られて・・・柵のイタチゴッコ・・・下の畑から跳んで上がってるのを確認 市役所も来てくれて指導してくれた

池の下の野菜畑だが 最初はトウモロコシ 次はミミズを求めてショウガやオクラをひっくり返し 植えなおすと今度は近くのカボチャ・・・植えなおしたものをまた返す

ミミズを食すのだ 今まで来たこともないとこにも今年は出没・・・そういえば新聞に宮島にも・・・と出ていたな~

役所の持ってきたパンフにはイノシシとの共生・・・をとか書かれていたけど・・・なにおかいわんや!!である 電気柵も鼻に当たらないとダメ 飛び越えたらアウト毛は感電しないそう それより柵だ~

農債が費用の1~2割の負担をしてくれることを発見・・・手続きをする♪

やる気をなくす心を慰めてくれる花たち!!

Dsc_0025 バラもいっときより減ったけど ガートルード・ジェキル

Dsc_0035 トウテイランも咲いてきた

Dsc_0020 あら~生きてたのね~と見つめてやる・・・宿根スイトピー

Dsc_0003 1階の屋根まで高く咲いてる・・・アブチロン

Dsc_0026 暑き空に・・・カツラの葉の美しさに感じて!

Dsc_0005 白のサルスベリもお日さまもとめて大きくなった

Dsc_0047 旬の果物・・・・スイカの収穫 チョウ大物の1つをUP・・・スイカは豊作甘いのだ♪

Dsc_0049 いただきもののモモも 甘くて 水分の多い果物が・・・夏痩せができませ~ん!!

« 酷暑の夏の庭 | トップページ | 立秋・・・とは名ばかりの‘13夏 »

四季」カテゴリの記事

コメント

涼しそうな花ばかりで・・・・気持ちも軽く涼しくなります。素敵ですね。 先日お元気そうな泳ぎを見て安心しました。 
私もパワーを小刻みに出しながらこの夏をのりきります。暑さはこれからだー

シマシマちゃん いつも応援ありがとう!!
え~・・・上からですか・・・(o^-^o)

昨日はプールが休みで 岡山の北 湯原の温泉から帰る途中前が見えないほどの集中豪雨・・・初経験
怖かった・・・TVで言ってたでしょう 真っ黒な雨雲の下を・・・くわばらくわばら

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/57921730

この記事へのトラックバック一覧です: 八朔の頃の花暦:

« 酷暑の夏の庭 | トップページ | 立秋・・・とは名ばかりの‘13夏 »