« 井伏鱒二文学 ツアー | トップページ | 寒露 8日ごろの ルコウソウ »

2013年10月 5日 (土)

神無月 実りの秋

Kosumosu25
コスモスの季節

Dsc_0031
今年のコスモスの景色 昨年いい色だけを種どりして 今年普通に芽が出たのを7月初めに引き込んで・・・・種どりのを撒き直した・・・丈の調整にもなる・・・倒れない背丈

Dsc_0002

家の中に生けると・・・いろんなとこに・・・パーと周りが秋の空気になる

今年は栗も柿もイチジクも豊作

〝あまぐりひがき・・・雨ぐり干柿” 栗のいい時は柿が不作なのに 雨のち乾燥の日々が幸い・・・イチジクもたくさんのジャムができた♪20%の砂糖でもOK しかし冷凍

友も砂糖0%で作って冷凍と・・・(o^-^o)

Dsc_0012

写真用に少し出して・・・栗も渋皮煮・・・今3回目を製作中 いろんな方法で!

レースの皿は1回だけ・・・色の薄いのは5回のゆでこぼしレシピでは10回と…

そんなことやってられない・・・1回だけのほうが色も味もいいのだ!

結果発表は後で♪

Dsc_0002


コスモスの秋  真只中!

栗の渋皮煮・・・私のレシピ

鬼皮は熱湯につけといて 冷えて剝く 底のお尻はむげなければ・・・後でゆでた時に苦労しなくてもつるっと!

1・重曹を大匙1入れたたっぷりの水に1晩つけておく

2・朝そのまま火にかけて5分沸騰・・・すぐ水にさらして残った筋や皮を水の中でツルリと取る

3・またたっぷりの水に重曹大1入れて半日置いといて そのまま火にかけて…あくをとりながら・・取った後はごく弱火で1時間・・・柔らかく・・・ここが大事 砂糖を入れる前の柔らかさ!

4・ すぐ水でさらして 水をひたひたに入れて砂糖を投入して弱火で1時間

5・煮汁をとりだして 煮汁の水分を煮詰めて…返してから火を止めてからブランデーを入れて終わり

砂糖の量は2kの栗・・・1k

何度もにこぼさなくても・・・しっかりあくを取ればすっきりしたいい味に

色もいい

砂糖もひどく少なくするより お菓子だものおいしく・・・少し食べるのだ!!

計10kの渋皮煮が出来上がり♪

いつもたくさんの渋皮煮をつくりケーキを出してるお店のチャオさん・・・きょうTELあり

その時 聞きました・・・・水を出しながらで さらすことになるので・・・それでもういい

ゆでこぼすより 味が良い   ホントそうだと思う 

土曜日のNHK BS3 23時15分からの〝晴れときどきファーム”でもこの前 栗料理で渋皮にはポリフェノールがたっぷり 栗ごはんでも渋皮はすこし残してふんわりピンク色のごはん

皮に風味ありと・・・栗ってすごい!!  おわり

 

 

« 井伏鱒二文学 ツアー | トップページ | 寒露 8日ごろの ルコウソウ »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/58325776

この記事へのトラックバック一覧です: 神無月 実りの秋:

« 井伏鱒二文学 ツアー | トップページ | 寒露 8日ごろの ルコウソウ »