« 伊予松山探訪 | トップページ | 大寒を迎えて »

2014年1月11日 (土)

萬翠荘へ

四国通が約一名いるので・・・城下でおうどんのおいしいところへと・・・

Dsc_0200Dsc_0204

Dsc_0201


初めての体験

食べ方・・・薬味を味わう それで変わるうどんの味

すべてがおいしく…特にユズが♪

素材のおうどんもいいのだ

みんなお腹一杯

満足

もう帰ろうよ~と言うみんな いや行くのだ!!とダブルストックで猛然と歩き出す私

あっこさん意外と早く歩くのね~と・・・誰かが言ったそうである

そうなのだ 今はノルディックウオーキングまがいに・・・

あっこさん それは何のストック?とアンリが聞く これは登山のストックよ 中にスプリングがあるから重圧を吸収してくれる・・・

そして着いた城山のすそ野にある大正ロマンが香る萬翠荘

Dsc_0213
旧松山藩主家の久松伯爵が大正11年に建てた洋館 彼はフランスに暮らしていた

バックに城山の緑のなかにそれはそびえていた

Dsc_0225
中に入って

Dsc_0228


アールヌーボーにグラデーションを取り入れたステンドグラスの数々

Dsc_0252
あかりもいろいろ

Dsc_0250








このあかりは西洋との融合

水晶を使ってと・・・

チーク材の重厚さの空間を満喫 みんなもその美しさはリアルに見れて来てよかったと・・・納得したように私には見れた 熱心に見ていたもの 昭和天皇の写真もね

伯爵はバラづくりには特に関心が深かったフランスで覚えたことの1つと思われる

その息子の定武もその趣味を受け継いで 戦後 愛媛バラ会の初代会長を務めた・・とある

それで毎年ここでバラ展が開催されているのだ・・・私がここに来てみたかったのはそのバラ展のことを聞いていたから・・・ この建物とどんなにか映えることだろう

できることなら 周りにバラの景色を創っててほしいな~  一本もなかったのである!

Dsc_0002
本も手に入れて・・・・物語がある 時間をかけて見れて満足♪

しかし パパはすぐ隣にある安藤忠雄設計の「坂の上の雲ミュージアム」に行っていたらしい

彼は秋山兄弟のことが好きなのよとユミ・・・それはよかった

物語のなかには伯爵とフランスで語り合う秋山好古の写真が載っていた 同時代に生きた2人

Dsc_0258駐車場に帰る途中にその秋山兄弟の生家があった・・・馬に乗る彼の姿!!

Dsc_0147
帰りの車の中で・・・・「千と千尋の神隠し」見ようよ~と・・・車のテレビで・・・ちょうどもっていたとパパ 運転ご苦労様 ありがとうねパパ ♪

« 伊予松山探訪 | トップページ | 大寒を迎えて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

年明け早々旅行とはうらやましいですね うどんも美味しそう 四国のうどんはこしがあっておいしいですよね 
私も年齢とともに麺類を口にすることが多くなりました。 ともあれ今年もよろしくそして健康づくりにがんばりましょう

そうだ シマシマちゃんにお正月のあいさつができていない・・・よろしくです

体重落としに毎日かよってま~す やっと1k・・・増えるのはすぐなのに おいしいものがあり過ぎました

今年も筋力づくり頑張るぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/58926888

この記事へのトラックバック一覧です: 萬翠荘へ:

« 伊予松山探訪 | トップページ | 大寒を迎えて »