« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月24日 (木)

伊那谷のさくら Ⅱ

Dsc_0153
宿のすぐ横からの朝の宝剣岳の眺め

そばには中央アルプス駒ヶ岳ロープーウエイの乗り場があって前 木曽駒に登ったときも

Dsc_0149
山小屋1泊の後この二人静に泊まってとてもよかったので・・・また千畳敷カールに登って・・・と思ったのだがこの春の大雪でいつもにない点検がはいってて運休中 

温泉は早太郎温泉郷 アルカリ泉ツルツルの湯 1室この日だけ空いてたのだ♪

高遠の桜の頃はこのあたりまで満室になる

名前の通り山野草の散歩道ありショウジョウバカマが咲いて横の山では

Dsc_0146
ダンコウバイの群落あり愉しい散策

Dsc_0152
宿の部屋から朝の日の出

Dsc_0159
窓辺に置かれてた・・・このように見れるはずが・・・上のようにもやがかかって残念

南アルプスが・・・・

24度を超えるこの日・・・盆地ゆえに気温高く

いざ高遠へ

日本三大桜名所 青森の弘前公園・信州高遠城址公園もう1つは吉野山

ほんと・吉野山は素晴らしい!!

高遠もTVでは見てたが やはり百聞は一見に如かず・・・よかった~

飯田線伊那市駅からバスで20分高遠駅からはシャトルバスでと・・・でもⅠ時間に1っ本

あの運転手がこの時期は一方通行で数珠つなぎで…タクシーならわき道をしっとるで・・・

時間を短縮できるダニ~いといってたので・・・交渉

片道メーターを倒して時間がかかっても4千円ででも帰りも口約束でいいから乗ってくれるという条件で・・・OK それでとひこさん 城址公園の中まで入ってくれてらくちんだった♪

高遠湖の山側の細道の周りも通ってくれて山桜の美しさ見上げてこのあたりでメーターは4000円ここでメーター倒しますと・・・・・この旅はタクシー観光でなんだかおもしろかったなあ~

Dsc_0244
固有種 高遠コヒガンザクラ です ソメイヨシノより少しピンクがかかり小輪フサザキ

タクシーの人もコヒガンザクラとの区別がよ~わからんだに~いといってた

この方角に中央アルプスアルプスがいつも見えるのに・・・昨日は見れた・・・と

きょうは春がすみで・・・・残念でした

Dsc_0227
着いたのが9時まえで・・・厚着の人も この下の空堀にはちいさな池が・・・それにうつる

さくらいろ・・・そして

Dsc_0218
散歩道にはキクザキイチゲが群生していた

歩き回ると暑くて

Dsc_0222
この塩漬けのさくらの葉が刻んで入ってるソフトがとってもおいしかった♪

11時過ぎまで堪能して・・・ここから南に遠望できる勝間薬師堂のしだれ桜に・・・

その道すがら振り返る城址公園の桜の見事さ

Dsc_0325
高遠湖と中央アルプスと桜の景色撮りたかったな~

ひこさんは暑いので半袖になるが・・・遠くはかすんでるのです

Dsc_0278
わ~歩いていくとだんだんにその姿が・・・勝間の里人が安政の頃にしだれ桜を植え

樹齢約140年 ここにはツアーはこれないらしい駐車場がなくて・・・こんなみごとなのに

公園のとは咲く時期も遅くて・・・組まないのだとも・・・しかし今年は急に暑くなりちょうど咲いたのだ 個人客の姿のみ 

Dsc_0307
この向うには南アルプスが・・・見えるのだそう・・・

Dsc_0291
しだれ桜の下でお昼・・・もってきたはるか がおいしくて・・・城址公園を向うに見ながら♪

横の景色は

Dsc_0281
黒いお墓の周りにたくさんの桜の姿 そしてこの地もイノシシ除けが・・・!

Dsc_0314
少し北に歩くとこんなしだれに会いました

たくさんあるいて すぐこの下にある高遠さくらホテルのさくら温泉に日帰り入浴

Dsc_0256


ことのほかいい湯でした

アルカリ単純温泉

美人の湯

肌がツルツルに

売店の人が95の母が毎日入って夜は朝まで起きないのですと・・・!

たった1つのこのホテルもずっと満室

帰りにここの名物高遠饅頭

頼まれてたのに公園で買いそびれ…タクシーで帰る途中にある本店で止めてもらい

Dsc_0330
Kameman331
あのタクシーの人もこの亀まんのほうがおいしいだに~い・・・と

はいそれは調べてた 竹屋まんじゅうのような…酒皮ではなくムシカワ饅頭・・・アンが独特だった 公園の店はすぐ売り切れるんですと店の人

行って良かった実感の桜旅 おわり

2014年4月23日 (水)

伊那谷の桜探訪

Dsc_0102
南信州・飯田線を使っての桜探訪

小淵沢の近くには日本三大桜の1つ 山高神代桜があるが2000年のそれは幹だけのようなので…やめて この地の中曽根のエドヒガン1000年の姿に会いに行く

ちなみに後の2つは三春の滝桜と前に行った根尾村の薄墨桜

Dsc_0065

あまりにも古木のため種類ははっきりしていない エゾザクラかエドヒガンザクラであろう。とある

Dsc_0076

咲きはじめ

Dsc_0069

う~ん・・・1000年の幹 手当てのかいあって樹勢が良くなってきているとあり

集落の栄枯盛衰をじっと見守っていたことだろう。とも・・・地元では権現桜と呼ばれている

地面にはヒメオドリコソウが群生

駅から乗ったタクシーが駒ケ根から変わってきたばかりでと・・・迷いに迷って・・・地元の人に聞く始末

ゴメンとメーターを倒して伊那の梅林でも待ってあげる・・・かえってラッキー

ネットでも片道2000円の距離・・・梅林まで行って4800円・・・でどう?とOK

親切な人でこれから行く高遠のこともいろいろ教えてくれて・・・

そして必ず語尾が~~だに~い そうだに~い この方言聞いたことある

Dsc_0098
観光ツアーでよく見る・・・伊那の梅林 5分の距離だから寄ってみる

運転手の方がこれから見頃だに~い・・・えっ梅はもう終わってるでしょう? いいえなんとこれからでした

Dsc_0086
ふ~んこれが伊那の梅林 木は大きくない アルプスも春がすみで・・・・レンギョウが花盛り

飯田線で駒ケ根の枝垂桜を見て宿に・・・というと 俺の友達を紹介 待ち時間を無料に♪と!!

Dsc_0110
車窓に見えてきました南アルプス 伊那谷は中央アルプスと南アルプスにはさまれた盆地

Dsc_0114
駒ケ根で降りて光前寺の枝垂桜に向かうと・・・わ~水仙の群生の向こうに南アルプス

Dsc_0118
反対側には中央アルプス 宝剣岳の姿 そしてなんと田のげしに水仙が・・・

このすぐ奥に光前寺の境内・・・観光バスもたくさん来ていて その奥に宿が!

Dsc_0125
なんだか夢二の絵を・・・帯解けの女性の・・・姿

咲きはじめ・・・長野県下屈指の大寺 霊犬早太郎伝説の信州駒ケ根光前寺の枝垂桜

そして着きました

Dsc_0129

千畳敷カールの下にある宿   

 

2014年4月20日 (日)

穀雨の頃

Takatou272
さくら前線北上中 ただいま信州 高遠城址 真っ只中 満開の高遠コヒガンザクラに

あってきた この地では白梅もさくらも一緒に咲いている・・・手前は白梅

ソメイヨシノには身近にどこでも会える 

前から高遠の桜は固有種・・・どんな桜か気になってた 

今年の満開予想は16日と・・・17日予想通り満開の高遠コヒガンザクラ

ソメイヨシノより少しピンクの出た・・・でもとっても上品・・・小さい花のかたまりゆえ♪

高遠より送られた地では変化するそう ゆえに高遠でしか見れない・・・

NHKのTVクルーも来ていてジャストタイミングの景色

Dsc_0189
信州・高遠 あの大奥総取締役 絵島・・・生島との事件でこの地に流され・・・歴史

城址には古木が多く 見上げる青空にコヒガンザクラの上品な美しさが映えて・・・

これが高遠コヒガンザクラ!!

Hasi207
ここのビューポイント・・・ 空堀の上にかかる桜雲橋 その名前に納得

信州に出かける前 ひこさんがうちの裏山にやまざくらが咲いてるぞ・・・というので行って見る

Dsc_0001
ほんとだ~ 葉のもえぎ色と白い花びらの花芯がワインレット・・・美しい♪

西谷古墳の入り口の表示のとこに!! 高枝ばさみでカットしてカメに生けた

Dsc_0005
そして周りの山々の山桜が今年はことのほか美しい 

どこにも行かなくてもこの旬の季節のなかにいる私・・・ガーデンでは

Dsc_0015
イカリソウがたくさんの花を立ち上げて・・・

Dsc_0027
クリスマスローズも花をカットして・・・熱湯で・・・3cmほど根元をつけて冷めるまでそのままに それから器に生けると 2w以上持つのです 家中の花瓶に♪

Dsc_0030
ナシの花も咲いてる

Dsc_0032
ドウダンツツジも満開

Dsc_0022
ワサビスミレも

Dsc_0042
しろすみれも

Dsc_0046
ここのシロすみれもきれいと撮ってたら ニャ~オンと・・・あらモネちゃんいたの・・・

するとそこに

Dsc_0047
ジャンが現れて・・・こら!

Dsc_0048
平和だったのにね~モネちゃん

Dsc_0049
まだ遊んでくれないモネちゃん

Dsc_0051
でも近くにいることは許してくてるのです ほっとする景色

Dsc_0346
部屋の中でもモネが開拓した場所に必ずお邪魔虫・・・ジャンの心♪

Dsc_0059
門奥では匂いガマズミが満開のいい香り

こんな空間を出るのがおっくうに・・・バラのゾウムシもとらなくては・・・しかしです

Dsc_0061
やはり旅はいいものです それに桜の景色は私たちの心に生きてる喜びを与えてくれる

南信州・伊那谷 4月中旬 桜の季節 一本桜や枝垂桜 いろんな桜にあってきた

西中央本線塩尻~東中央本線・ここ岡谷から飯田線で伊那谷に入ります

2014年4月 8日 (火)

上山(うやま)のお花見

横のカテゴリー・・・から さくら をクリックしてください この記事の下に! 昨年の春の訪問記録です

今年はガーデンサークルのみんなで訪問させていただいて・・・

登り切ったお山の池のそばからミニハイキング

Dsc_0002
池のほとりのさくらたち

Dsc_0005
元気な水仙たちにもあえて

Dsc_0008
人はいなくなっても・・・さくらは家に寄り添って・・・

Dsc_0012
またあの感動の景色が目に飛び込んできました

お二人お元気で出迎えてくださって♪

Dsc_0019
クリスマスローズも・・・

Dsc_0018
珍しいこのイカリソウに・・・

Dsc_0021
キクモモも入れられていた

Dsc_0014
このアケビ・・・白い実がなるそうで・・・養殖とか

Dsc_0020
花木の共演

Dsc_0003
なかでも 枝垂桜の美しさに・・・

Dsc_0022
振り返って 感謝をこめて この景色に別れを告げる

みんなに感動をありがとうございました

皆さん・・・来れて本当に良かったと・・・感謝感謝です

2014年4月 5日 (土)

清明の頃の庭歩き

Dsc_01285日 寒の戻り・・・10度を下がる小雨が終日降って…この寒さの後は20度の季節
いまガーデンのなかで気を吐いてる ムラサキハナナ(諸葛菜) のなかにピンクのが咲いてて愉しい

そして私の旬のビオラ

Dsc_0138
意図的でなく1粒入ってた変わり色がさえて・・・

Dsc_0143
Dsc_0141
Dsc_0137
オオバイモドキが門横に・・・

Dsc_0145
反対側では斑入りのセリとウサギがお出迎え 今普通のセリが旬・・・毎日食して

香りのセリごはん・・・生ハムにセリを巻いて・・・この斑入りもすごい生命力

Dsc_0114
桜とチューリップは一緒に・・・でも紫のは遅いのですまだ固い蕾

そして水仙の季節

Dsc_0112
イトズイセン・ジョンキル

Dsc_0004
スノーフレークもいたるとこに・・・

Dsc_0082
香りの強いフサズイセン

Dsc_0058
Dsc_0034
Dsc_0049
ムスカリもいろいろ 愉しいブルー

Dsc_0005
ローズマリーもブルーに

Dsc_0007
消えかけた黄色のハナニラも生きていて・・・

Dsc_0087
ヒメリュウキンカの上に昨日の嵐で最後の花びらを散らした紅梅

Dsc_0033
元気なバイモは群生させたい花の1つ

Dsc_0008
ヒメオドリコソウの群生から今

Dsc_0084
ムラサキケマンの群生

Dsc_0052
いま いたるとこから元気にギボウシの葉が展開してる 

Dsc_0029
クリスマスローズの下にはたくさんの赤ちゃん

Dsc_0030
去年1つずつポットあげしたが・・・真夏の管理で3株しか・・・ゆえに少し大きくなったのを地植えにしといた…好きな品種の下の苗

Dsc_0021
クリローもまだまだ元気 蕾もまだたくさんつけている ボケの花もいろいろ咲いて

Dsc_0111
いま池の土手の水仙も花盛り・・・3代目の柳も成長してきた春 清明の頃

2014年4月 2日 (水)

四月 庭の花木の競演

20度近くの気温が続き 咲き急ぐ花木の気配に・・・こころ ざわつく日々

Dsc_0065
紅梅のあと シデコブシがピンクの花を・・・

Dsc_0067
花木の咲き方に今年はあわただしさを感じる バラの葉の展開も早い

ゾウムシも出てきて ニームオイルに木酢・EM1 

光合成細菌も加えて1回目を撒く

そしてぬかジョー作戦も・・・ぬかを1つまみジョウロに入れて根元に撒くと有用微生物が土に増えてバラが強くなる いつもお米のとぎ汁をやってるとこは 葉っぱがきれいなのだ!

Dsc_0113
白モクレンが散らない今 紫モクレンも咲いてきた

Dsc_0028
黄色のレンギョウ 

Dsc_0074
トサミズキも広い面積で・・・

Dsc_0041
このミモザ パープレア 今年で見納めか・・・ボクノ途中でぷつんと切ったのだ

Dsc_0054
ユキヤナギがそこここで白い世界を・・・

そして今年は早い 荒神さんの桜が・・・4月前に咲いた

Dsc_0135こうして見ると我が家に居ながらにして愉しめる春

しかし この季節は忙しいのだ

Dsc_0103
28日には苗代ができた 菜の花も引き込んで田んぼの耕うん

Dsc_0098
忙中閑有 花と愉しむ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »