« 半夏生の頃 | トップページ | 7月7日小暑  »

2014年7月 4日 (金)

半夏生の頃パートⅡ

Dsc_0092
久しぶりの梅雨空の下でなんと美しく咲いてることでしょう 自然のくれる造形美形

濃紺のクサボタン・・・東のひかりだけ当たる場所 増殖してくれてうれしい♪

Dsc_0096
そばには同じトーンでカンパニュラ

Dsc_0097
補色のコレオプシスの黄色が下に広がって・・・

Dsc_0104
奥では白のアカンサスがたくさんの花穂を上げてくれて♪

Dsc_0099
愉しい景色・・・となりやしきガーデン

フロントガーデンでは

Dsc_0019
スタンダードのグラニーがレッドキャスケードと2番花を・・・我が家では香りのないバラは美しく咲いてくれるのです!!!

Dsc_0031
これはセプタードアイル…カナブンの目を逃れて時には美しく♪

Dsc_0001
屋根の上紅梅の木に登ったマダム・アルフレット・キャリエールは今、何回目の花でしょう ひらひらと花弁が落ちています

クレマチスも花がらを切ってるとまだ咲いています

Dsc_0008
カシス

Dsc_0012
デュランディ

Dsc_0013
ロウグチ

Dsc_0118
カイウ

Dsc_0116
これはビチセラ系のボーリッシュスピリットだったかな

挿し木が良くできる種類4か所にここは日陰で今頃咲いて・・・

Dsc_0041
エキナセヤの季節でもある・・・彼女は日当たりを好む 冬場は葉もなくなる・・故に我が家では鉢植えでしか育たない 周りが茂るともう駄目である

強そうでいて・・・信州の方では健全なのだろう グリーンソイルですごい群生を見たもの・・

ロザさんはたくさん持っていたがどんな管理をしているのだろう?

Dsc_0038
これは彼女からいただいたもの 鉢で持って回る

Dsc_0018
そしてアジサイ・・・これはオーレア(黄色)の葉っぱ 花色はピンクに固定されるそうだ

そうでなく ブルーよといただいたのがピンクになるのは土の酸度による

アルカリが強いとピンクに・・・ブルーに咲いてほしいのはピートモスを根元にたくさん入れた・・・それがたらないのは汚いブルーになりかけ

Dsc_0049
これがそう 人魚姫さんにもらって2年はブルーに・・・・去年はきれいにピンクになって慌てた私

ピートモス主体で鉢の土替えをして今年 まだらブルーに・・・しかし成功したのもある

Dsc_0140妹が持ってきたブルーのアジサイ 地植えにしてドピンクに咲いて私が嘆くと‶ま~私はピンクが好きだわ~きれいじゃない~″‶あなたは若いからよ~"という会話をしたな~

これは私の好きな色に・・・でも妹に見せると・・・もっとブルーだったと

ピートモスが少なかったか・・・酸度未調整の大袋を買って入れたのだが

でも…まきもさんが新しい土地に隣り合わせで植えてたアジサイ・・・ピンクとブルーに咲いてたのはなぜ??? 同じ土地の酸度でしょうに!!!

アジサイ寺のあの アジサイの色合わせはなぜに? 疑問のつのる悩ましきアジサイの季節

Dsc_0024
でも 門の横では

Dsc_0023
ちゃんと なにもしない 肥料もやらない とこではブルーに咲いてる♪

Dsc_0048
そしてカシワバアジサイ・・・コッコガーデンの降り口でたくさんの花を立ち上げてくれた

でもこれも下の茎にテッポウムシの要注意・・・何代目か・・・なのである

« 半夏生の頃 | トップページ | 7月7日小暑  »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/59923571

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生の頃パートⅡ:

« 半夏生の頃 | トップページ | 7月7日小暑  »