« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

真冬の好日

Suiren19
寒空が続いた後の春を思わせる 真っ青な空 池の中にも青の世界

スイレンの命の輝き へその緒のような 命の茎に見るダンス模様

Dsc_0023
ひかりの量で変わる水面のフィーリング

Dsc_0025
美しいあおぞらを写す池の水面をのぞき込む私

Dsc_0027
七変化です

そんなお出かけ日和のひ 華展に・・・

Dsc_0009
ほら春

Sansyu8
みんなで門の屋根の上のサンシュユの枝を引っ張って・・・苦労して・・・

お稲荷さんの奥のヤブツバキと共に生けてくださった作品で~す

まだ蕾だったのをうまく咲かせて・・・美しい曲線で・・・♪

Dsc_0010
花屋さんの花でなく野・庭取りの材料にはうったえる力や感動があると私は思うのです

寒さで曲がったアジサイの冬芽なども生けてありました

そしてたくさんのニホンスイセン・・・

Dsc_0015
この冬はもう白梅が咲きだしてる

Dsc_0016
よき冬の1日

しかし 日々是好日・・・今年の座右の銘とするか!!

 

2015年1月14日 (水)

大寒近くの冬庭

Dsc_0015
一番の寒さの中の庭に 春への胎動を見つけることができます

これは離れの前の ワダスメモリー たしか白モクレンとタムシバの交配種

白い花が霜にあっても茶色く変色しない特性がある

mioの2歳の時のお手植えの木 50cmの幼木が・・・15年たつとこうなるのだ

花芽が日々膨らんで春近しと教えてくれる

Dsc_0004
ロウバイ 花一輪 一輪ほどの暖かさ

Dsc_0011
ヤブツバキも濃き色で・・・彩りを

Barubie19
しかし冬の庭仕事は限りなくあるのです

昨年より4日遅れで作業が進んでいます なんでこんなにランブラーの種類を植えたことでしょう・・・ズルズルズルズル伸びる種類 でも景観を創ってくれるバラでもある♪

思いめぐらすバラの季節を・・・ゆえに愉しい仕事でもあるが・・・

Dsc_0027
これもこれも・・・いい芽があると・・・いささか残し過ぎのアルベリックバービエ

ガゼボを覆ってるポールズやニュードーンはもう知らない・・・枯れ枝の上に這い上がって自分で好きなように咲いておくれと・・・見上げている

Dsc_0029
テッポウムシから守った証・・・はりつけの刑にはしない このままで咲いておくれ

元気なシュートに広い場所をご褒美に与えてあげる と バイオレット

Dsc_0028
カットしてるとわかる そのバラの健康状態・・・いいシュートがいかに出ているかで

うん・・・これは大丈夫・・・ウイリアム・ロブ

Dsc_0041_2

紅梅の上にかけ上って咲いてるキャリエールもなすすべもなし♪

面倒をみてやれる喜びを実感して過ごす冬の庭

Dsc_0025
ジョウビタキのタキちゃんが何匹もいつも一緒・・・でもこれ オスですよね

2015年1月 6日 (火)

今年のホットスポットへ

Dsc_0032来年のお正月は萩へ・・・と言われていた去年の秋

こんな大雪警報の出てる元旦の日の出発になるとはつゆ知らず・・・

高速に乗る前のスマホの情報で・・・志和で事故・・・高速閉鎖・・・一旦降りて西条からまた乗ることになると・・・いよいよ募る不安な心

Dsc_0034
案の定9時半の福山東インターからの吹雪の断続・・・垣間見るお日様の日差しのうれしさ

高速道路の路肩でチェーンをつけてる人も・・・しかし路面に雪はない

パパがチェーンで80k出してたら切れちゃうよ~・・・40k内で走る高速の彼ら・・・大方追越し車線で120k出す彼・・・2台での後ろを気にしながら・・・の300k 萩までの道行き!!

しかし吹雪いていても 圧雪も凍結もない日中の高速はまあ大丈夫

冬用タイヤを装着してるしね 4WDもあるし・・・これは高速では使えない・・脱出の時のみか?しかし相手の問題もあるし 帰るまでは安心できない

Dsc_0047_2

 萩や津和野は何度も・・・しかし変わってましたよ~

おりからのNHK大河・花燃ゆの舞台 松下村塾もぽつんとそれだけあったのに・・・

そのよこに立派な右の建物 生涯・時代背景を展示してる 松陰神社の初もうで

Yumi38

並ばなくても行く事に意義ありの私たち・・・南の萩の地でも雪が舞ってて・・・

受験を身近に控える彼ら・・・これからは知識の詰め込みではなく・・・それを使ってどう動くかの主体性を磨く学問が・・・そのように大学受験システムも変わるそうな・・・

それをこの時代に実践してた 吉田松陰

Dsc_0086
彼の短い間のここでの身分を超えた教えが あの明治維新への胎動となる とみんなで資料館に入る

Dsc_0055
宿はすぐ下が海  ヤブツバキの群生で感動した あの笠山が部屋から見える 

光ってるとこがその笠山・・・今年の椿の開花は早いそうで もう少しは咲いてると・・・

そう我が家も咲いてきてるもの

Dsc_0057_2

宿の4Fの部屋からの眺め 向うのオレンジのモダンな建物の丘はなんですか?

あれは"萩女子短大"今は廃校になってて・・・と そうだあったよね~

荒れる海・・・夜のうみなりも聞こえて・・・

薄い塩味の温泉でもちつきの疲れをいやす・・・・痛かった首の下の骨が治りましたよ~

4か所の湯を愉しむ そして食べきれないフグ料理のかずかず

みんなみんなありがとうね~

パパの行きたかった萩・・・

Takasugi82孫・mioの大フアンだという高杉晋作の生家も見れて

Dsc_0073
明倫館や明倫小学校も車見学・・・寒い冬はらくちん萩のまちめぐり

しかしパパが間違えて萩焼博物館へ歩いていくとそこはお土産博物館

駐車場まで帰る後姿が・・・絵になると・・・私が言うと・・・

Mio65
あれは いかってる姿よ~とママが言う

Dsc_0078
萩往還にNHKの今年の大河ドラマの・・・花燃ゆ・・・の旗がたくさん揺らめいて・・・

帰ってテレビをつけてると萩がたくさん出てくる

ドラマ第1回目を見た 文の子役がいい味を出してたな~松陰役の伊勢谷友介もいい!!期待してなかったけど・・・背景の歴史を知って見れることに面白味が増す

文の生きた背景をたくさん垣間見て・・・本当にたくさんの説明の記念館がいたるとこにできてたのだ!!

彼らがいて日本の近代化がうまくできた…中国はそれがうまくいかなかったと私は思う

今年のホットスポットめぐりでした♪

 


今年もよろしくお願いします

Dsc_0020
我が家のお稲荷さんにお餅をそなえてお正月を迎えます

Genkan5
ブログにお越しの皆様 2015年 気分しだいのアップですが・・・・よろしくね♪

お正月飾りも我が家の空間にあるもので・・・な~んにも買っていませんのよ

今年の水仙は早く咲いてくれました

Dsc_0012
キンカンももうとってもおいしいのです 剪定したので実も大きいのが成りました

Dsc_0003
ビワは花はたくさん咲くのですが・・・・年によって食べれるときも・・・(;ω;)

Dsc_0015
今 庭のいたるところで万両が赤い実をつけている

Dsc_0016
庭の中でこんなに増えているとは 梅の枝を裏山に取りに行くとそこここに赤い実が見えて・・・万両がふところに入ってくるよき予感(o^-^o)

昔は冬休みになったら北海道や蔵王・野沢温泉へとスキー三昧(うまくはないのですが)

今は家でゆっくりのお正月を愉しみたい私たち・・・しかしです・・・あの大雪警報の中を元旦から高速道路を走ることになりました・・・つづき~

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »