« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 7日 (木)

命あふれる清明のころ

Dsc_0001
3月末の寒の戻りで長く紅梅の花もついていたけど 桜にバトンタッチ 4月2日の古木の紅梅の割れた幹に すみれの花が命をことほいでる♪ 庭で感じる春の感動

4月4日 雨上がりの京のさくらにあってきた

ことしのさくらは早いようで遅く 暖かい地方が・・・かえって寒い地方が早いようである

ここ京・洛北 原谷苑 金閣に近く左大文字山の西側 個人の庭園

吉野の桜と原谷苑の桜は一生のうちに一度は・・・とかネットにでていて気になっていたのです でもここは枝垂れがおおく見頃は中旬・・・それがです 今年は早く咲いてくれました

Haradani157
桜は やはり しだれざくら それもいろんな種類があり 

Haradani138
下にはユキヤナギやミツマタ 玄海つつじ・・・単純ではない景色

Haradani161
4月下旬までは開園・・・いろんな桜が咲くらしい

Boke134
このボケに感動 今年ガゼボのとこにあったシックな赤のボケが しら絹病で枯れていて・・・とっても残念 このボケは咲き分けだそう 

Dsc_0072
近くの しょうざんリゾート京都・・・ここもしだれ桜・・・今年は1週間早いんですと

お昼の食事

Sakuramori231
大覚寺・広沢の池近くにある さくら守16代佐野籐衛門邸 この時期だけ公開してく

ださってて・・・・たくさんの桜が ここも満開

ちょうど ご本人が軽四で帰ってこられお孫さんが迎えられてて・・・ご挨拶する

Dsc_0201
林立の桜・・・どういう目的?

Sasiki196
さくらの挿し木でしょうか?土は黄色・・・鹿沼土でしょうか

Sanotei252
邸内には名札の付いた苗木もあり・・・大木もあり

Dsc_0246
たくさんの庭木 あせびに目がいく 裏山から何回か移植したがうまくつかない・・・

Dsc_0208
代表する北山杉と・・・無料公開ありがとうございました

Dsc_0180
すぐ横が広沢の池に歩く も少し西に大覚寺の大沢の池・・・そんな位置

この池のすぐ前にあの

Dsc_0183
があった 私には自然農法の先達…どうぞと言われたが時間がない

最後にいつ行っても何かの桜が咲いてるといわれる 平野神社

御室桜の仁和寺の近く

Hirano296
ホント いろんな桜を愉しめた 説明に見頃は4月中旬とあるのがみ~んな咲いていた

 しかし入口のソメイヨシノの桜並木の下の屋台の風景は興ざめ・・・・

Dsc_0299
ず~と4日・月は雨と出ていて・・・でも私は晴れ女 雨上がり夕方には青空も・・・

ゆえにかどうか・・・京都市内はスイスイの通行 ラッキーでした

よき桜紀行に満足 

2016年4月 1日 (金)

卯月となりました

Dsc_0222
3月の寒の戻りで…白モクレンは茶色になったり 桜も足踏み 荒神さんの桜がやっと1輪2輪咲き出した今日 我が家の十月桜が10輪咲いた

花木の春

洋種のマグノリアがたくさん咲いてきた

Dsc_0234
ユキヤナギも長く愉しめる・・・

Tosamizuki232土佐ミズキも大きくなり 今離れの前を席巻してる

Tyurip220
春の代名詞 チューリップ 春です!!

でも・・・国華園からのは生育悪し タキイのは少々高くても品質のいい蕾が立ち上がっている 反省点

花木の下ではオオアラセイトウ 別名 ムラサキハナナ ショッカツサイの花があちこちに

Jyan214_2
ジャンもモネちゃんもガゼボでお昼寝 となりやしきガーデンを愉しんで・・・Dsc_0245
冬から成長してたユーホルビアは今咲くのねと…元気さを見つける♪

Dsc_0248
そうだ・・・このヒメオドリコソウもいたるとこに群落をつくって・・・一輪ムラサキハナナが入り込む

Dsc_0249
クレマチス・ジョセフィーヌの蕾もふくらんでる・・・でも虫も出てきた

ちさい毛虫・・・ゾウムシも昨日2匹つぶす 人面蜘蛛がゾウムシを捕まえてるのを見た

葉っぱを揺らすと小さい蜘蛛がいっぱい糸を引いて落ちてくる

悪い虫たちを食べてねと頼む 

1週間前に 一応ニームオイルと木酢液とEM菌 活性液リキダス 糠入りボカシ液

光合成細菌 ニンニク唐辛子入り焼酎 せっけん液を展着剤に まぜて葉面散布をした

6リットル散布機で3回分 高いとこは知らないっと・・・でも そちらの方がきれいに咲くのが不思議です

Kuriro254

咲き進んだクリスマスローズをカットして皆さんに差し上げる

熱湯に3センチぐらいの深さ・・・つけて さめるまでおいとく・・・うそのような水揚げ方法

花もちの悪いこの花がもつのです♪

 

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »