« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

晩秋の出来事

Dsc_0001
これは ジャンと兄弟のジル・・・妹の家にいます
甥にあたるのでしょう・・・クーちゃんという猫もいっしょに いつもまるく 2ひきで重なって寝ているそうです 
ジルはいつも来てジャンやモネのご飯も食べて慣れているのですが・・・恐れのクーちゃんはいつもは連れてきません
クーちゃんはジャンとそっくりな猫なのです それがです、いつもは車から降りないのですが
帰ろうとするといなくなって・・・・ジルだけ連れて帰り・・・毎日の心配15日から・・・裏山を探したり・・・たいへんでした 
それがです・・・25日朝2時半妹の家に帰ってきたと電話が・・・4kはあるかな~ 今死んだように眠っていると・・・よかったよかった
Dsc_0005
クーちゃんです 彼女の腕の中で・・・まっちゃん(夫)の携帯の待ち受け画面にもなってるクーちゃん・・・彼も探しに来たのです 
ファーブル昆虫記のファーブル先生の猫も引っ越した時10kの古い家に帰っていって困ったと書いてあったことを思い出す
やれやれの猫騒動でした でもほんとよかった クーちゃん…ドンクサイト思ってたけど 賢い猫でした   ひこさんがジャンに・・・おまえはようカエランじゃろうが~・・・と頭をなでていました!! ̄

小春日和の景色

Mon24
門の前でこの秋ずっと咲き続けてくれているヘリテージ 屋根の上ではつるセシルブルンネもちらほら咲いてうれしい景色・・・・もぐらに打ち勝ったのです♪
Dsc_0046
フロントでは枯れ枝になった紅梅の木の上で葉をいっぱいつけてずっと咲いてくれてるアルフレッドキャリエール 見上げてやる日々♪
Hirindon60
晩秋の季節感・・・このまえルコウソウを取り払ったのだ
Koutei12今年の皇帝ダリアは12日に咲きはじめ 27日現在 山々の紅葉をバックに・・・
Koutei11
愉しい景色
Koutei8この色合いやっぱりすきだな~ 7月にカットしたのでたくさんの本数になる
Dsc_0035夕日を浴びて・・・今年はいつまでもつだろう~?毎日話しかける私
 
この前NHKの「足元の小宇宙」甲斐信枝・・・雑草のくらし たねがとぶ・・・でス~ゴイ観察力と絵で・・・見てよかった わが庭にもよく生えるアメリカフウロウの姿を・・・
″小さなことでガタガタするな 安住せよ・・・ちゃんと時間が解決する″感動の番組でした

2016年11月14日 (月)

秋色紀行3

Hikone208彦根城も気になってた1つ 彦根で泊まる
来てよかった なんと17年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でここが舞台になるそうだ~ いえそれではなくて・・・日本で残る天守の1つ・・・それと紅葉の大名庭園
Dsc_01653層の天守に上がる階段はとっても急角度・・・手すりを持って必死に上がった
そこからながめるところに あの石田三成の佐和山城跡の山が見れる そこからたくさんの木の移築でここがある・・・ 組み換えの後を見る  この城のできの方と 家康の意図を知る
平日にもかかわらず たくさんの観光客がのぼる・・・人気を感じる城
Dsc_0192
 
この彦根城の天守閣の鬼瓦がうちの蔵の鬼瓦と同じ形だったと父が良く いってたのおもいだす 四角っぽいこの形 な~るほど でも1600年ごろの築城…来年で410年祭とパンフにある
天守からは琵琶湖も見えて・・・佐和山城のむこうにはあの伊吹山も見える場所
大規模な城郭と庭だったのにはびっくりでしたよ~
そうだ
Dsc_0184ひこにゃんも紹介したいけどこの人を入れた写真しかない
あれ~ひこさんが ひこにゃんを撮ってるのでした♪
 
良く歩いた旅でした 帰った後の日曜日 NHKののど自慢が彦根でやってるぞーとひこさんが呼びに来てくれた 来年は彦根がホットスポット!!!
Dsc_0339帰った翌朝 12日皇帝ダリアが開花した・・・記録です
 

2016年11月13日 (日)

秋色紀行2

Tawada263ローザンベリー多和田 気になってたここにも行けました 米原から途中下車
ピンコロ路の秋色景色・・・
Dsc_0273
山と池と青空と ブルーベリーの畑のコーナーもありました だからローザン &ベリー
あの高い木は何の木?・・・ メールで問い合わせたらポプラの木でしたよ~ 
Dsc_0241ここは2003年から・・・すでにあった木々も生かしてと・・・シダレカツラや枝垂れハリエンジュなど珍しき木々に会う
Oosawasanちょうど大阪フラワーコーディネーターの方たちとオーナーの大澤さんの話が聞けた…先頭の彼女
Dsc_0304建てものには いろんなバラが・・・これはキューランブラーだと
Dsc_0302フェリスバイドも何株も・・・まださいてる バラもあって愉しめた 大きく育てられたばらもいいシュートが出ていて…♪
Dsc_0286向うの池にそそぐ水辺もあり2時間ではたらなかったな~ ナーサリーの方が見れなくて…タクシーの迎えを頼んでいたので!
あっそうだ・・・みちのくの旅ついかしてUPしましたよ
Dsc_0371帰って見るとばらが たくさん咲いていて・・・ スイートジュリエットと一輪ウーラートンオールドホールが
わかりますか・・・

秋色紀行Ⅰ

11月は作業に少しの余裕 ひこさんのスケジュールの合間もある
気になってたとこに出かける
 春尾瀬と草津温泉にとが無理だった・・・福山からは個人では行きにくい 
草津だけにと・・・しかし遠い 特急しなので軽井沢経由 新幹線がつながってる東北には1時に着いたのに・・・ここには3時半に着くのだ
しかし期せずして愉しい旅になる
Kiso10木曽路は山の中・・・見頃の紅葉が愉しめた
Hatukansetu16
木曽福島辺りだから御嶽山かな~ 
Hatukansetu122この辺りもこの日が初冠雪らしい 3時間の特急なんて…と文句も言ってたがよき時間でしたよ~
Kansetu北アルプスの雄姿も見れて…♪
Dsc_0106軽井沢からの草軽バスで・・・碓氷峠を通るのかと思っていたら ドイツのロマンチック街道を模した ロマンチック街道と・・あの旧三笠ホテルのそばのカラマツ林を通りました
カラマツの林をぬけてカラマツの林に入りぬ カラマツはさびしかりけり 旅ゆく ・・・北原白秋の道  下は白糸の滝あたり
Dsc_0071
Dsc_0109  草津近くで見えた浅間山の姿 雪をかぶってはっとする姿です
長野からの新幹線の名前があさま・・・いいえて妙
草津は標高1200m バスターミナルで雪が舞っていました
Dsc_0084東の横綱・草津温泉の湯畑 自分たちの眼で見れました
ここからの湯を引いた宿に泊まる・・・すぐ隣には本にも出てる土地の湯‶大滝の湯″そこには5段になってる湯船・・・ぬるい湯からだんだんにあつい湯に入る入り方 とってもいい湯でした 冷ますだけで加水はしないかけ流し 豊富な湯量
湯もみの体験を2人でしたのです
Dsc_0102

2016年11月 8日 (火)

立冬になりました

Hosigaki355秋仕事におわれ・・・・休養をとることの必要性 upをおざなりに してしまいました
長雨で富有柿は 数えるほどしかならず・・・でのこの西条がきは開花時期が違ったのか 今500個は取れました 乾燥注意報も出て 今年は良品が出来るでしょうか・・・まったく天候次第
秋ばらがちらほら咲いて 庭歩きが愉しいのです
Dsc_0025
蔵の前ではレディ・ヒリンドンが・・・
Dsc_0390スイートジュリエットもずっと咲いてる
Dsc_0388     ソンブレイユ 春虫にやられた ら秋に良く咲いてくれます
Dsc_0398ナエマはとても・・・何時も咲いてる
そんな中 ずっと行きたかった 奥州平泉・みちのくの旅に行ってきました
期せずして松尾芭蕉の奥の細道をたどる旅
Dsc_0052行きは はやぶさ 帰りは やまびこ  仙台を過ぎて一関から入ります 
Konjikidou67藤原3代夢の跡  この中の金色堂 ねむっています 映像で よく見てはいたのですが…眼に焼き付けて 螺鈿細工もたくさんほどこされてて・・・
ここ中尊寺の高台から眼下に眺める北上川の雄姿
Moutuuji128
浄土庭園 毛越寺 夏草や兵どもが夢の跡 ここで・・・芭蕉の句碑がある
Dsc_0141  こちら側からは紅葉と共に…眺める
Narukokyou210そして鳴子温泉に義経シジュウのたどった都落ちの道を逆にたどる 途中生まれた義経の赤子が敵地を過ぎて味方の地ここで初めて産声を上げたことによる地名とか・・・日本紅葉の3大?名所の1つ
鳴子峡
Dsc_0203上の陸橋は車道です こちら側は岩盤絶壁の下を電車のトンネルが・・・それを狙ってのたくさんの三脚カメラマンたち 朝8時30分でしたから 今が最盛期だと・・・♪
Yamadera278静けさや 岩にしみいる 蝉の声 がここで読まれている 立石寺(りっしゃくじ)山寺とも 
800余段の階段をダブルストックで登ることができましたよ
Dsc_0275眼下にながめるこの景色 登ってよかった~と…ひこさんZaou283蔵王温泉に泊まって・・・ホテルのもいいがやはり 土地湯 それは渓流と紅葉を眺めながら入る露天風呂 本にも出てる・・・蔵王露天風呂・・・だったかなあ~ホテルから車で連れて行ってもらう 白濁の湯 誰かがすかい温泉みたいだ~いえそれより少し薄い
紅葉も最高 帰ったあくる日この道が凍結のため閉鎖・・・とニュースが そのあくる日蔵王が初冠雪とニュースが流れた・・・!
Dsc_0299東北3県を巡る旅 蔵王から仙台・松島にの移動中 話題になったカヌーの長沼のそばを通る・・・そして川を伝って奥の方まで押し寄せたあの津波の被害 5年たった今でもまだ田んぼの土替えなどの作業のショベルカーなどが見れて・・・でもここのカキやノリの養殖いかだも復興されてて・・・おいしい焼きのりを買って帰った ここの船着き場も2階まで津波が…と聞く 行く事やお金を落とすことで復興になる
Dsc_0335松島にある伊達政宗の瑞巌寺・・・その隣にあった次男を祭った円通院 庭に感動
そこになんとばらのお庭が・・・
Dsc_0340  ローマからバラの文化が伊達家に・・・ 薔薇寺としてここは有名 知らなくって入ってよかった ここを最後に仙台から新幹線に乗る よき旅になった~!
 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »