« お彼岸過ぎて | トップページ | 秋色紀行Ⅰ »

2016年11月 8日 (火)

立冬になりました

Hosigaki355秋仕事におわれ・・・・休養をとることの必要性 upをおざなりに してしまいました
長雨で富有柿は 数えるほどしかならず・・・でのこの西条がきは開花時期が違ったのか 今500個は取れました 乾燥注意報も出て 今年は良品が出来るでしょうか・・・まったく天候次第
秋ばらがちらほら咲いて 庭歩きが愉しいのです
Dsc_0025
蔵の前ではレディ・ヒリンドンが・・・
Dsc_0390スイートジュリエットもずっと咲いてる
Dsc_0388     ソンブレイユ 春虫にやられた ら秋に良く咲いてくれます
Dsc_0398ナエマはとても・・・何時も咲いてる
そんな中 ずっと行きたかった 奥州平泉・みちのくの旅に行ってきました
期せずして松尾芭蕉の奥の細道をたどる旅
Dsc_0052行きは はやぶさ 帰りは やまびこ  仙台を過ぎて一関から入ります 
Konjikidou67藤原3代夢の跡  この中の金色堂 ねむっています 映像で よく見てはいたのですが…眼に焼き付けて 螺鈿細工もたくさんほどこされてて・・・
ここ中尊寺の高台から眼下に眺める北上川の雄姿
Moutuuji128
浄土庭園 毛越寺 夏草や兵どもが夢の跡 ここで・・・芭蕉の句碑がある
Dsc_0141  こちら側からは紅葉と共に…眺める
Narukokyou210そして鳴子温泉に義経シジュウのたどった都落ちの道を逆にたどる 途中生まれた義経の赤子が敵地を過ぎて味方の地ここで初めて産声を上げたことによる地名とか・・・日本紅葉の3大?名所の1つ
鳴子峡
Dsc_0203上の陸橋は車道です こちら側は岩盤絶壁の下を電車のトンネルが・・・それを狙ってのたくさんの三脚カメラマンたち 朝8時30分でしたから 今が最盛期だと・・・♪
Yamadera278静けさや 岩にしみいる 蝉の声 がここで読まれている 立石寺(りっしゃくじ)山寺とも 
800余段の階段をダブルストックで登ることができましたよ
Dsc_0275眼下にながめるこの景色 登ってよかった~と…ひこさんZaou283蔵王温泉に泊まって・・・ホテルのもいいがやはり 土地湯 それは渓流と紅葉を眺めながら入る露天風呂 本にも出てる・・・蔵王露天風呂・・・だったかなあ~ホテルから車で連れて行ってもらう 白濁の湯 誰かがすかい温泉みたいだ~いえそれより少し薄い
紅葉も最高 帰ったあくる日この道が凍結のため閉鎖・・・とニュースが そのあくる日蔵王が初冠雪とニュースが流れた・・・!
Dsc_0299東北3県を巡る旅 蔵王から仙台・松島にの移動中 話題になったカヌーの長沼のそばを通る・・・そして川を伝って奥の方まで押し寄せたあの津波の被害 5年たった今でもまだ田んぼの土替えなどの作業のショベルカーなどが見れて・・・でもここのカキやノリの養殖いかだも復興されてて・・・おいしい焼きのりを買って帰った ここの船着き場も2階まで津波が…と聞く 行く事やお金を落とすことで復興になる
Dsc_0335松島にある伊達政宗の瑞巌寺・・・その隣にあった次男を祭った円通院 庭に感動
そこになんとばらのお庭が・・・
Dsc_0340  ローマからバラの文化が伊達家に・・・ 薔薇寺としてここは有名 知らなくって入ってよかった ここを最後に仙台から新幹線に乗る よき旅になった~!
 

« お彼岸過ぎて | トップページ | 秋色紀行Ⅰ »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577728/64461116

この記事へのトラックバック一覧です: 立冬になりました:

« お彼岸過ぎて | トップページ | 秋色紀行Ⅰ »