四季

2017年6月 8日 (木)

梅雨入りと共にここに帰ろうかな~と その1

 
いりいろと あったバラの季節・・・でも一生懸命に生きてる植物に癒されて・・・その姿をほめてやりましょう
Dsc_07986月6日のとなりやしきの大アーチのユキコが咲き始めました つぼみからかわゆくて・・・
薄いピンク
Dsc_08019日でもまだ蕾多く・・・遅くまでバラの景色を愉しめる
今年のフロントガーデン 5月22日
Dsc_0491玄関軒先に2つほどあしながバチが巣をしててゾウムシを食べていた・・・ブラッシュノアジェットがいつも満開にここでは咲く となりやしきのは蕾をいつも落とされる 毎年の不思議が解明した 蜂のおかげなのだ  何もしないと刺されることはない 共生しょう
Dsc_0490  玄関に近いこのブラッシュノアゼットが一番恩恵をこうむっているのだ…♪
下は蔵の前のバラたち
Dsc_0504_3ここでは手でトールもしないで・・・まったくの無農薬で咲いてくれるコンスタントスプライや ブラバンたち21日の姿 その横の車の入り口
Dsc_0492早咲きの野ばらやトラディスカントのシックな色21日 門の前ではアンダーザローズが咲いてきた21日
Dsc_0389

2017年3月14日 (火)

春がきた

Dsc_0087
今年も紅梅の春がやってきました 元気でね~ まだお日様求めて成長してるのです
本宅の大屋根にまでかかってきて 2月の初めに門の屋根にかかったサンシュユと池の土手の柳・ナンキンハゼと離れの屋根の上まで伸びたトウカエデをカットしてもらいました カットした花木を池やカメにつけておいたら 今その中できれいに咲いているのです 
県の調査で胸周囲と高さで3・4番目の大きさと 1・2番目を芸北と上下に見に行きましたら
1番目は株に炭を抱かせてありましたが・・・だめで・・・株だけに 2番目の上下のお寺のは台風で折れてしまいましたと奥様 ゆえにうちにある資料では県下1・・・?4本でこの景色 あたらしい方の2本が資料として記されています
Dsc_0041  我が家の水仙畑の駐車場に車を止めて
Dsc_0008福山 山手・郷分学区の方たちが見学に・・・裏山にある西谷古墳…古墳時代の まで上がって見学して帰られました
そのしたでクリスマスローズが咲いてたのも興味を示して下さりよかったです
Dsc_0070
Dsc_0011
 
Dsc_0019
Dsc_0034長く愉しめる

2017年2月14日 (火)

西日本に最大寒波がやってきた

西日本に今年最強の寒波のやってきてる中 春を先取りの華展に・・そこで最近品種改良の進んでいるラナンキュラス・ポンポンシリーズをはじめてみた まったくバラと同じようにハーマイオニーの名も付けている 山取りされたらしいカニシダ…軽やかな空間を演出 うん うちの山にもたっぷりある 私も使わなくては♪ 

Dsc_0004

祖母の使ってた花籠だとか・・・年を重ねたあめ色 編地の変化もおもしろい♪

Dsc_0006

ユーホーでもとっても良く花が立ち上がるし 毎年株が大きくなって丈夫な品種と紹介してくれた品種が取り置きしてあったが・・・これではない 

Dsc_0007

ポンポンシリーズなのだ 

Dsc_0011

バラやダリアの花を連想とある

Dsc_0009

カニシダ・・・シダの美しさを実感

Dsc_0001

うれしい春

Hina68

我が家のおひなさまを出しました♪

2017年2月 5日 (日)

立春 はるのひざし

Dsc_0143
このところの暖かいひざしに春を感じて・・・暦どおり 今日は雨 昨日畑をひいて大根やチンゲン菜 レタスを撒いてカバーをかけて・・・よき仕事ができた
Dsc_0223
玉ねぎや イチゴ ニンニクに最後のボカシと鶏糞 馬糞堆肥を撒くこともできた
そう すべて有機肥料なのだ 化学肥料は入れてない畑とガーデン
ひとつづつ 1つずつ することはわんさかある!
Dsc_0212クリスマスローズが咲いてきた
Kuriro228猫たちも・・・
Dsc_0157縁側の下で・・・まどろむモネ お日様のよくさす場所です
Dsc_0218サンシュユの株元の落葉の上で・・・名を呼ぶとあくびであいさつするのです ジャン君
Dsc_0163こっこのご飯を食べてたくさんのすずめが太っちょに・・・・紅梅の木に!
毛虫を食べてくれるのです
Dsc_0192雪はもういりませんよ・・・はるがきた

2017年1月15日 (日)

大寒波がやってきた

Dsc_0108
朝屋根に1cmの積雪 気温は低く よこなぐりの雪が舞う でも道に雪はない
日本列島被害のすくなからんことを願う
Dsc_0128
そんな中 伊地町内会のとんどが今日あるのだ 皆さんの協力で出来上がってる
Dsc_0115玄関前で万両がこの姿
Dsc_0121
その上ではバナナの木とサンシュユの木の間をトレジャートロープが漂う
Yuuin111線の庭を歩く・・・命を感じて・・・
Dsc_0006ここをぬければ春が来る
Dsc_0036レンギョウも咲いてるのだ
Dsc_0062これこそ自然農法? おいしいのよ・・・
Dsc_0144ニンニクも…♪

2017年1月 9日 (月)

あたらしき年となりました

今年もよろしくお願いします
今年は暖冬 花たちも咲きいそいでいるように感じています
それでも小寒を迎えた今あんなにきれいに紅葉していた正面の山々 暮近くになってこんなにきれいな葉に変わったアメリカフウ
Dsc_0129
みんな葉を落としてやはり冬になっています
Dsc_0134
 
紅梅の木にかけ上った キャリエールはまだ咲いている
Dsc_0035
そして今は椿がつぎつぎと咲いてきた バラ咲きの椿 奥ではワビスケ類が・・・
ロウバイやレンギョウも・・・匂いガマズミが花開いている
Dsc_0042水仙も暮から咲いて・・・
Jyan119お正月のジャンで~す

2016年12月 4日 (日)

師走になりました あせらないで愉しむこころ

Dsc_0085
師走になって・・・雨の一日 里山の収穫を食卓に・・・ゆず仕事も出来ました ゆず酢にマーマレードに 種の化粧水 手はツルツルに・・・!干し柿もみな取り込んで白い粉がふきだしました
 切漬けの白菜漬けもユズをかけて・・・ほうれん草も大株に・・ハヤトウリのピクルスに・・・粕漬け・コウジ漬けもあと1週間で食せます 昨日BSで今森光彦・・里山を見つめて…蝶のくる庭・・共感してみる
 
Anisodontia19
 
アニソドンティアがずっと咲いて愉しめた景色
Dsc_0044前の池・・・みずべがあるのも里山の1つ
Dsc_0048
池の横のコッコガーデン…今はほったらがしガーデンの主 ウッコケイと赤鶏の卵から生まれた ももちゃん 10年生きてます 目を見てお話ができます メスたちをいつも守っています
Dsc_0029コキアがこんな色に今なりました
Dsc_0016
このキバナランタナもそろそろカットして取り込まないと・・・鉢だけどとっても元気に広がって
鉢底から根がいつも出て毎年この姿
Dsc_0052そして冬の景色
Dsc_0058

2016年11月27日 (日)

小春日和の景色

Mon24
門の前でこの秋ずっと咲き続けてくれているヘリテージ 屋根の上ではつるセシルブルンネもちらほら咲いてうれしい景色・・・・もぐらに打ち勝ったのです♪
Dsc_0046
フロントでは枯れ枝になった紅梅の木の上で葉をいっぱいつけてずっと咲いてくれてるアルフレッドキャリエール 見上げてやる日々♪
Hirindon60
晩秋の季節感・・・このまえルコウソウを取り払ったのだ
Koutei12今年の皇帝ダリアは12日に咲きはじめ 27日現在 山々の紅葉をバックに・・・
Koutei11
愉しい景色
Koutei8この色合いやっぱりすきだな~ 7月にカットしたのでたくさんの本数になる
Dsc_0035夕日を浴びて・・・今年はいつまでもつだろう~?毎日話しかける私
 
この前NHKの「足元の小宇宙」甲斐信枝・・・雑草のくらし たねがとぶ・・・でス~ゴイ観察力と絵で・・・見てよかった わが庭にもよく生えるアメリカフウロウの姿を・・・
″小さなことでガタガタするな 安住せよ・・・ちゃんと時間が解決する″感動の番組でした

2016年11月 8日 (火)

立冬になりました

Hosigaki355秋仕事におわれ・・・・休養をとることの必要性 upをおざなりに してしまいました
長雨で富有柿は 数えるほどしかならず・・・でのこの西条がきは開花時期が違ったのか 今500個は取れました 乾燥注意報も出て 今年は良品が出来るでしょうか・・・まったく天候次第
秋ばらがちらほら咲いて 庭歩きが愉しいのです
Dsc_0025
蔵の前ではレディ・ヒリンドンが・・・
Dsc_0390スイートジュリエットもずっと咲いてる
Dsc_0388     ソンブレイユ 春虫にやられた ら秋に良く咲いてくれます
Dsc_0398ナエマはとても・・・何時も咲いてる
そんな中 ずっと行きたかった 奥州平泉・みちのくの旅に行ってきました
期せずして松尾芭蕉の奥の細道をたどる旅
Dsc_0052行きは はやぶさ 帰りは やまびこ  仙台を過ぎて一関から入ります 
Konjikidou67藤原3代夢の跡  この中の金色堂 ねむっています 映像で よく見てはいたのですが…眼に焼き付けて 螺鈿細工もたくさんほどこされてて・・・
ここ中尊寺の高台から眼下に眺める北上川の雄姿
Moutuuji128
浄土庭園 毛越寺 夏草や兵どもが夢の跡 ここで・・・芭蕉の句碑がある
Dsc_0141  こちら側からは紅葉と共に…眺める
Narukokyou210そして鳴子温泉に義経シジュウのたどった都落ちの道を逆にたどる 途中生まれた義経の赤子が敵地を過ぎて味方の地ここで初めて産声を上げたことによる地名とか・・・日本紅葉の3大?名所の1つ
鳴子峡
Dsc_0203上の陸橋は車道です こちら側は岩盤絶壁の下を電車のトンネルが・・・それを狙ってのたくさんの三脚カメラマンたち 朝8時30分でしたから 今が最盛期だと・・・♪
Yamadera278静けさや 岩にしみいる 蝉の声 がここで読まれている 立石寺(りっしゃくじ)山寺とも 
800余段の階段をダブルストックで登ることができましたよ
Dsc_0275眼下にながめるこの景色 登ってよかった~と…ひこさんZaou283蔵王温泉に泊まって・・・ホテルのもいいがやはり 土地湯 それは渓流と紅葉を眺めながら入る露天風呂 本にも出てる・・・蔵王露天風呂・・・だったかなあ~ホテルから車で連れて行ってもらう 白濁の湯 誰かがすかい温泉みたいだ~いえそれより少し薄い
紅葉も最高 帰ったあくる日この道が凍結のため閉鎖・・・とニュースが そのあくる日蔵王が初冠雪とニュースが流れた・・・!
Dsc_0299東北3県を巡る旅 蔵王から仙台・松島にの移動中 話題になったカヌーの長沼のそばを通る・・・そして川を伝って奥の方まで押し寄せたあの津波の被害 5年たった今でもまだ田んぼの土替えなどの作業のショベルカーなどが見れて・・・でもここのカキやノリの養殖いかだも復興されてて・・・おいしい焼きのりを買って帰った ここの船着き場も2階まで津波が…と聞く 行く事やお金を落とすことで復興になる
Dsc_0335松島にある伊達政宗の瑞巌寺・・・その隣にあった次男を祭った円通院 庭に感動
そこになんとばらのお庭が・・・
Dsc_0340  ローマからバラの文化が伊達家に・・・ 薔薇寺としてここは有名 知らなくって入ってよかった ここを最後に仙台から新幹線に乗る よき旅になった~!
 

2016年9月24日 (土)

お彼岸過ぎて

Dsc_0078

 

西洋ニンジンボクの見上げての花柄カットでおきた首の痛み25日で治り 夏の終わりイノシシとの知恵比べの時の歯の痛み 歯医者の虫歯でなく免疫力の低下で皆さん歯肉炎で来られる・・・それを聞くと よかった 薬はいりませんと・・すぐ治る 寝不足とストレスだ   ついこの前は誤嚥したかと せいて出そうとしたら肋骨にひびが入って 胸が痛く 折れてはいないが肋骨が石灰化してると・・・まったく老化が止まらない

でも 動いて筋力を鍛えて 今すべて治る・・・治ることのすばらしさ

稲刈りも秋野菜の肥料入れも済んだ今 使い過ぎた あいやが 悲鳴を上げてる でもこれも外の庭仕事をするときはとても調子がいいのです

それが家の中を歩くときは不調・・・なんでだろう 首の時もそうだった TVや本を見るときは痛いのに外での仕事はなんともない???でしたよ

人間は動物なんだ 動くと治る 胃がんの手術をした人の見舞い・・・あくる日から動け動けと

よく動けば腸のゼンドウが働いてガスが出る それが第一と・・・

歯の歯肉炎も 痛くてもそこで噛んでください・・・そうするとそこに血液が行って治癒が始まると・・・納得 夏の終わりのいろんな経験

イノシシの経験もしかり

逃げる箇所があると安心して2段ワイヤーも飛び込む3段にして・・・こんどは 遠くの逃げ道の下から上がってきた そこをつぶして6日目にやっとOK

すると うちから南の田んぼの人たちが悲鳴を・・・しかしです

免許を持ってる方たちが仕掛けた栗の木の下でオリに大きいのと子供がつかまり み~んなホット♪  でもまた北のイド池のほうに新たのが出てるそう・・・まったく

畑も里芋7株も残りあの後無事 稲の方に6回も入った…匂いがするとか・・・心配でEMも…噴霧した匂いけしになる・・・新米の今 全然匂いなんてしない

入ってない堂の田のコメと全然かわらない 用心のため分けて収穫精米したのだ

それにしても手のかかった今年のお米の収穫 それも済んだ・・・なにごとも一歩一歩

やればできる!!

Dsc_0034  

稲刈りのあくる日はボカシを撒いて稲藁の発酵を促してすぐの耕うん

そして大根・かぶら・チンゲン菜・ほうれん草の種をまいた 水田の後は害虫がいなくて無農薬でもカバーがいらないのです 今芽が出ています

それにしてもこの秋口のイノシシ出没はすごい 道上小学校のあたりの水田にも入ってるし

鵜飼の親戚では13匹のウリボウがオリにかかったとか 増えるかずと捕まえる数の昔との違い・・・奥の方では作ることの意欲の減退・・・年を取ると・・・考えさせられる

 

 

より以前の記事一覧