山登り

2013年9月10日 (火)

今 出来ること

Ikenodan46 久しぶりに山にあってきた・・・

60代後半になって 筋力を鍛えてごまかしていた 変形性股関節症が悪化して 春先から人工股関節を入れることも考えたが“この筋力ではもったいない”との医師の言葉で・・・

なお一層の筋力作り すると 痛みがなくなった 痛いと動かない・・・余計に悪くなる・・ その悪循環はいやだと

痛くてもやることは一杯あるのでそれなりに体を動かし プールでは体重の負担のかからない四泳法での1kの毎日の運動・・・負担ではない 愉しいことゆえ!! それの出来る幸せと・・・・最近“イタッと言わなくなったな~と家族

股関節症 友の会もあって 手帳は申請すべきとの情報を元に・・・すると4級の手帳交付

私の症状ではそうなるのだ・・・これはマイナスに受け止めないで 痛みさえ筋力でなくせば

いろんな特典がいただけるのを今実感して ありがたく受け取っている

この春桜の山歩きで 次の日に痛みが出てから もう山は無理か~と・・・

調子がいいので おおかた頂上近くまで車でいける 比婆山に・・・ここはいろんなコースがあるので 自分の足をためして見れる

Hiko53_2 Akko58 ひこさんも手術以来足の痺れがあるのでバランスが悪くなってて おたがい無理は出来ない足なのだ

しかし彼は今もって図書館で“山と渓谷”を借りてきてはアルプスの山並みを眺めている・・・

きのうはこの中国山地のやまなみと秋の空とひんやりとした空気 来てよかったDsc_0050 

 もうホツツジも紅葉をはじめていた

白い花を咲かせながら

中央の尖った山は福田頭か!

Dsc_0088 竜王に上がった時真っ黒い雲が・・・その下で風が舞って・・・ミニ竜巻?いえ上昇気流が枯れ草を巻き上げていった・・・空に舞うごみ あの竜巻もこういう構造なのかと びっくり

舞ってるのが見えますか?

Dsc_0093

ここも温暖化で草たちが伸びすぎて マツムシソウたちが少なく咲いていた

マツムシソウやウメバチソウの群生してる出雲峠に行きたかったが ひこさんが温泉にも入るんだから今日は無理だと言われてしまう

Dsc_0027 でも このサラシナショウマやシコクフウロウ・・・いろんな花たちに出会えて

足も大丈夫 ひよっとしたら まだまだいけるかな~と♪

帰りに立ち寄ったかけ流しの温泉のオーナーの女将さんが足が痛そうなので伺うと同じ変形性股関節症で・・・夜も ずっと痛みがあると・・・話し込む なんと娘さんが松江の市民病院の内科医師の妻で いろいろアドバイスは受けてると・・・

温泉でしっかりストレッチ♪

2011年10月14日 (金)

星山(ほしがせん)に登って!

私たちは連休などに動くことは無い 人の少ないweek dayに!

連休明けに気になっていた岡山・勝山の 星山に登って例の真賀温泉に入ってきた

Dsc_0108 星山(ほしがせん) 左 文字どうり星の形 右は櫃ヶ山(ひつがせん)

ここが登山道入り口 姿を見上げて登る

Dsc_0103 きちんと整備された道をダブルストックで!

Dsc_0015 展望がいいとは聞いていたが

Hiko19 前山に登って・・・

Hikosan17 もうこの景色前山の途中

そこから1度降りてまた急登

Dsc_0097 八合目の辺りからの眺め・・・ちょうどいい岩があり!

Dsc_0094 道すがらリンドウがたくさんあちこちに咲いて これはみごと!

Dsc_0043 登りきった山頂に・・・マユミの木 実がたくさんとっても濃き色 美しく!ご褒美です

Dsc_0071 山頂

Dsc_0045 Dsc_0046 本には従走路は荒れてて困難とあったがひこさんが温泉で会った地元の登山家が歩けると・・・!

Dsc_0063_2 Dsc_0036                  登ってきた前山を眼下に

Dsc_0075 360度の眺めに 忙しかった秋の作業のご褒美・・・梅干し入りのおむすびにミニトマト

柿に栗にぶどうに・・・お弁当がおいしくて長居 熟年夫婦1組が降りられた後はこの景色を独り占め!

山の花たちも

Dsc_0010 アキノキリンソウ

Dsc_0042 センブリ

Dsc_0055 フシグロセンノウ

Dsc_0111 キバナアキギリ

Dsc_0114 ヒキオコシ

Dsc_0116 シロヤマギクたちに出会えて しんどくも愉しい山行の一日

降りた後は真賀温泉・・・・ネットで調べると すごい温泉でした 幕湯は混浴250円

でも皆同じ泉質カケ流し150円・・・天然の岩のあいだから39度の湯が湧き出てるのです

手を加えていないやわらかい湯 1時間近く入る 登山客の多いそう

これが2度目・・・・2時間半をかけて家に帰る また明日への活力 

2011年10月 4日 (火)

鞍馬山

暑さの京の街中を避けて・・・・

京都駅から 鞍馬山に通じる叡山鉄道の始発駅 出口柳まで都バスでいく 七条京阪でおりる

Dsc_0029 叡山鉄道 鞍馬線

まち中から30分で緑の中

Dsc_0068

鞍馬寺 本殿までの道は石段多く 高度はかせぐけど足には厳しい!鞍馬の火祭りもこの空間で!

でもこの景色と 涼しい風に・・・いい汗だと・・・向こうは比叡の山々

Dsc_0059

鞍馬寺 本殿 三角印で・・・気・・・を感じて!

Dsc_0064

萩の花が咲いていた

Dsc_0067

シュウメイギクの八重も!なぜこの色?・・・白の一重の方が合うのにと!

Dsc_0077 義経が牛若丸の頃この辺りで天狗と!

Dsc_0082 大木のあいだを抜けて

奥の院

Dsc_0088 標高500のこの辺り 少し黄葉が始まって!

Dsc_0093

降りたところが貴船神社・・・・疲れた足にまたこの階段

すると・・・クロネコヤマトの宅急便の人が2段とばしで駆け上がり・・・あっという間にかけって降りてきた まるで天狗に見えた!!

賀茂川の源流 貴船川 澄んだきれいな川床を見ながら貴船駅へ!

出口柳から三条へそこから嵐山いきのバスに乗る

Dsc_0101

三条京阪のバス停からの眺め!